色々

【新潟記念2022年】ヒートオンビート・サンレイポケット・イクスプロージョンを分析!

今回の記事は新潟記念2022年に出走予定のヒートオンビート・サンレイポケット・イクスプロージョンを分析していきます。

そして本命候補としてピックアップできるかを考えていきます。

そして結論としては後日発表予定の「本命予想」で本命馬と馬券の買い目を発表します。

良かったら予想の参考にしてください。

 

 

広告

【新潟記念22022年】ヒートオンビートを分析!

 

まず、ヒートオンビートを分析します。

5歳牡馬で父がキングカメハメハ(キングマンボ系)
母父がディープインパクト(サンデーサイレンス系)

 

父ちゃんがノヴェリストに変わりますが、1歳上の兄にラストドラフトがいます。

今回のハンデが57キロですが前走の七夕賞でも57キロで2着しているので問題はない感じです。

鞍上は池添騎手ですが、只今3戦連続で騎乗中で今回が5回目の騎乗でしす。

生産者は社台ファームです。

●戦歴は「4-8-3-5」

●新潟芝は初

左回りは東京・中京で好走してるので問題はないです

●芝2000mは「0-3-1-0」

七夕賞 2着
チャレンジC 2着
中山金杯 3着

●重賞成績は「0-3-2-2」

七夕賞 2着
チャレンジC 2着
目黒記念 2着

 

昨年5月に目黒記念で2着したあと5か月休み、休み明けで京都大賞典を使い8着と破れました。そして昨年の12月にチャレンジCを使いソーヴァリアントの2着に入りました。

続いて今年の中山金杯で3着したあと、日経賞3着しました。そして天皇賞春に挑戦し4着と好走しました。

そして前走は7月に七夕賞を使い2着と破れました。

ここでその七夕賞を振り返ってみます。

スタートは6番ゲートから普通に出て後方からの競馬になりました。
レースは良馬場のなか平均Pで展開され、道中は16頭立ての10番手を追走していました。

道中は中段後方で時々気合いを付けられながら追走していました。

そして残り500mぐらいで追われ始め最終コーナーを回ってきました。

直線に入ると、上り最速の脚で良く伸びていましたが、前で競馬をしていたエヒトも伸びていたので届かずの2着という結果でした。

 

 

この結果を見ると、やはり位置取りの差と福島コースが不利になった感じに思います。

スマイルくん
スマイルくん
あと距離の2000mも微妙に短い感じうけました。

 

ただ、今回は直線の長い新潟コースに変わります。

直線が約660mもあるので直線だけで、この末脚が炸裂する可能性は十分あります。

そして新潟コースは荒れてきているので、ヒートオンビートにとっては好都合の舞台とも思えます。

そろそろ重賞勝利あっていい馬だと思うので57キロでも本命候補にあげさせていただきます。

 

 

【新潟記念22022年】サンレイポケットを分析!

 

次に、サンレイポケットを分析します。

7歳牡馬で父がジャングルポケット(トニービン系)
母父がワイルドラッシュ(ニアークティック系)

 

今回のハンデが57.5キロですが、前走函館記念で同じ斤量で5着と負けているので心配です。

鞍上は鮫島克駿騎手ですが、乗り慣れているので問題なしです。

生産者は様似共栄牧場さんですが、サンレイポケットしか重賞勝ち馬は出していません。

 

●戦歴は「5-4-5-13」

●新潟芝は「1-1-1-0」

新潟大賞典 1着
新潟記念(一昨年) 3着

●芝2000mは「4-3-2-8」

得意の距離です

●重賞成績は「1-0-4-9」

新潟大賞典 1着

 

昨年5月の新潟大賞典で勝利したあとは、鳴尾記念6着、毎日王冠6着という結果でした。続くJCでも4着と好走し、この頃が絶頂期の感じがしました。

そして年が明けて今年2月に京都記念を使い3着と好走しました。

スマイルくん
スマイルくん
サンレイポケットは左周りで好走するというイメージなので、京都での3着は力をつけた証明かもしれません。

 

続いて金鯱賞7着、鳴尾記念3着という結果になりました。

そして前走は函館記念を使い、ハンデ57.5キロで5着という結果でした。

ここでその函館記念を振り返ってみます。

スタートは12番ゲートから普通に出て、中段からの競馬になりました。

レースは雨の重馬場のなかハイPで展開され、道中は16頭立ての最初は10番手ぐらいを追走していました。

道中は中段グループの後方でゆったりと追走していました。

そして残り800mぐらいからポジションを上げ始め、最終コーナーをムチで叩かれながら回ってきました。

直線に入ると、頑張って伸びていましたが、伸びきれずにさがっていき5着という結果でした。

 

 

このレースを見ると、最終コーナーで前目の位置に上がりましたが、直線では置いて行かれてました。

スマイルくん
スマイルくん
これはハンデ差が効いたように感じられました。

 

馬場は洋芝の重馬場でしたが、馬場が合わなかったのかもしれませんが、やはりハンデが微妙に響いたのだと思いました。

よって今回も57.5キロのハンデは7歳の馬にとっては厳しいのではないかと考えてみました。

よって、本命には上げられませんでした。

 

 

広告

【新潟記念22022年】イクスプロージョンを分析!

 

最後にイクスプロージョンを分析します。

4歳牡馬で父がオルフェーヴル(サンデーサイレンス系)
母父がシンボリクリスエス(ロベルト系)

今回のハンデは56キロですが、56キロも57キロも勝利しているので問題はないと思います。

鞍上はまだ未定ですが三浦皇成騎手が乗りそうです。

もし乗るなら初騎乗です。

生産者はノーザンファームです。

●戦歴は「5-2-2-7」

●新潟芝は「2-0-0-1」

未勝利戦 1着
関越S(OP)1着

●芝2000mは「2-0-0-1」

未勝利戦 1着
3勝クラス 1着

●重賞成績は「0-0-0-1」

神戸新聞杯(昨年) 6着

 

一昨年6月の新馬戦で7着したあと、未勝利戦で④③⑦②①着しました。そして1勝クラスを連勝し、2勝クラスを使いましたが5着でした。

続いて昨年9月の神戸新聞杯に挑戦しましたが、6着と破れました。
そして自己条件に戻り、2勝クラスで⑤④③①着し、

3勝クラスで②①着、そして前走はOPレースの関越sで勝利しました。

この馬は今年に入り、かなり安定した成績になってきたので、今が完成期に入った感じもしますね。

ここで前走の関越Sを振り返ってみます。

 

スタートは8番ゲートから普通に出て、中段からの競馬になりました。

レースは良馬場のなか平均Pで展開され、道中は18頭立ての7番手を追走していました。

道中は中段前ぐらいで折り合いバッチリで追走していました。

そして残り600mで少し手綱を緩める程度で走り、残り400mで一杯に追われました。

そこからは内にいた3着のグラティアスと叩き合いになり、根性で競り勝って勝利しました。

 

このレースは残り600mからペースが速くなり、残り400mからの1ハロンは凄く早いラップでした。

イクスプロ―ジョンは残り600mから凄い手応えのまま馬なりで進み、残り400mでは凄いラップで走っていました。

流石に残り200mはスピードは落ちてましたが、合格を付けられるラップで走っているので良しとしておきます。

スマイルくん
スマイルくん
なんせ勝負根性があって競り勝てるところも魅力的だと思います。

 

今がおそらく成長してきて最高の仕上がりだと思うので、今回この相手ですがハンデも56キロなので楽しみだと思います。

よって、成長中で楽しみを込めての本命候補にあげさせていただきます。

 

 

 

【新潟記念22022年】ヒートオンビート・サンレイポケット・イクスプロージョンを分析!を分析!【まとめ】

今回の分析をまとめると、本命候補にあがったのは

ヒートオンビート
イクスプロ―ジョン

の2頭でした。

ヒートオンビートは直線の長いコースで初重賞制覇が期待です。イクスプロ―ジョンは成長著しいので楽しみです。

サンレイポケットは7歳の57.5キロが心配なので本命にはあげれませんでした。

スプリンターズステークス2022年の競馬予想の目次この記事は今週のJRA重賞レースの「スプリンターズステークス2022年」に出走予定の馬達の記事をまとめた記事です。 目次から各項目...

 

広告

気になる記事はこちら