色々

【皐月賞2022年】ドウデュース・イクイノックス・ダノンベルーガを分析!

今回の記事は皐月賞2022年に出走予定のドウデュース・イクイノックス・ダノンベルーガを分析していきます。

そして本命候補としてピックアップできるかを考えていきます。

そして結論としては後日発表予定の「本命予想」で本命馬と馬券の買い目を発表します。

良かったら予想の参考にしてください。

 

 

広告

【皐月賞2022年】ドウデュースを分析!

 

まず、ドウデュースを分析します。

3歳牡馬で父がハーツクライ(サンデーサイレンス系)
母父がヴィンディケーション(シアトルスルー系)

 

前回の馬体重が504キロでしたが、2走前の朝日杯から+8キロだったので、今回叩かれて上積みはありそうです。鞍上は武さんですが、今まで全て騎乗していて乗り慣れています。

生産者はノーザンファームです。

●戦歴は「3-1-0-0」

●中山芝は「0-1-0-0」で

前走:弥生賞2着

●芝2000mは「0-1-0-0」で

前走:弥生賞2着

●重賞成績は「1-1-0-0」で

朝日杯を勝利しています。

 

新馬戦は小倉1800mを使いクビ差の辛勝でした。続くレースはアイビーS(L)を使い、先行抜け出しで勝利しました。

スマイルくん
スマイルくん
ちにみに、このレースで3着だったのが今回出走予定で弥生賞を勝ったアスクビクターモアでした。

 

そしてこのレースはスローの瞬発力勝負でドウデュースが勝った感じでした。続くレースは、朝日杯を使いみごとに勝利しました。

このレースは2着が重賞2勝していたセリフォスでしたが、セリフォスは少し行きたがっていた結果がこの着順だと思います。

ドウデュースの能力的はセリフォスと同じぐらいだと思いました。

そして、前走の弥生賞は馬体重が+8キロで挑戦し、アスクビクターモアにクビ差の2着という結果でした。

ここでその弥生賞を振り返ってみます。

スタートは7番ゲートから普通に出て、中段からの競馬になりました。

レースは良馬場のなかスローPで展開され、道中は11頭立ての5番手を追走していました。

走中は多少行きたがっていましたが許容範囲内で問題はなしでした。

そして残り800mで外から他の馬があがってきましたが、つられることなくマイペースで走っていました。

そして最終コーナー手前で少しポジションを下げる場面があり、コーナーを回ってきました。
そして直線に入り加速すると、安定した末脚で抜けてきましたが2着が精一杯でした。

 

このレースで負けた一番の敗因は、残り600m地点で外から上がってきた馬が内に切れ込んできて、危険なので武さんがポジションを下げたことが全てだと思います。

しかし2着でしたが直線に入ってからの伸びが他の馬とは違いました。残り400mからの1ハロンのラップを見ると、かなり速かったです。

これはコーナーリングも上手で一瞬の加速力が凄いという証明です。

 

今回はアスクビクターモアが勝ちましたが、レース内容を見ると逆にドウデュースが抜けていると思いました。そして弥生賞を叩かれて馬体も引き締まっていたので上積みがありそうでした。

一瞬で抜け出す末脚があるの、どんな展開になっても最後は上位争いしてくれると思います。

よって、安定力が魅力なので本命候補にあげておきます。

 

 

【皐月賞2022年】イクイノックスを分析!

 

次は、イクイノックスを分析します。

3歳牡馬で父がキタサンブラック(サンデーサイレンス系)
母父がキングヘイロー(リファール系)

 

前走は約5か月前の東スポ杯でしたが、その時の馬体重が482キロでした。

スマイルくん
スマイルくん
フォトパドックを見ましたが、しっかりと締まっていて仕上がりは良いと思います。

 

鞍上はルメ―ル騎手ですが、今まで2戦全て騎乗していて乗り慣れています。生産者はノーザンファームですた。

 

●戦歴は「2-0-0-0」

●中山芝は初めてです

●芝2000mは初めてです

●重賞成績は「1-0-0-0」で

東スポ杯(東京1800m)を勝利しています。

 

新馬戦は新潟1800mを使い2着に6馬身差の圧勝でした。

スマイルくん
スマイルくん
しかもこのレースの3着馬がサークルオブライフ、4着馬が皐月賞にも出てくるサトノヘリオスなので価値が高い新馬戦だと思います。

 

ちなみに2着馬は展開のアヤで2着なので気にしないでください。強くない馬です。

そして前走は昨年11月末に東スポ杯を使い2着のアサヒに2馬身半差をつけての完勝でした。

ここでその東スポ杯を振り返ってみます。

スタートは1番ゲートから普通に出て少し押されながら中段の位置を取りました。

レースは良馬場のなかスローPで展開され、道中は12頭立ての9番手ぐらいを追走していました。

道中は中段の後ろでマイペースで追走してました。

そして残り600mではインでじっとしながら最終コーナーを回ってきました。

そして直線に入ると、スローPということもありますが、鬼の末脚32.9秒の脚を使いあっという間に突き抜けて勝利しました。

 

ここからは私の憶測を入れての評価になります。

このレースを見ると、正直スタートからの追走力がないように感じました。ペースは早くなかったにもかかわらず、残り1000m地点ぐらいでの行きっぷりに少し首をかしげちゃいました。

ただ、最後の直線では化け物級の末脚をくり出していたので、能力は高いのはわかります。新馬戦での勝ち方も強かったです。ただこの2戦は直線の長い東京と新潟コースでした。今回の皐月賞は直線の短い中山コースです。

何が言いたいかというと、

わんこ
わんこ
今回休み明けでレース感が戻っているかが不安です。

 

そして東スポ杯のような行き脚だったら、皐月賞では前に行けないと思います。そして直線も短いので強烈な末脚は届かない可能性が出てきます。

よって今回は人気になりそうなので超思い切りますが、私は消しで行きたいと思いました。

スマイルくん
スマイルくん
目標はあくまでもダービーと思い込みます。

 

これで勝ったら本当の化け物で、エフフォーリアとの対決が楽しみになりそうです。

結論は本命候補にはあげられませんでした。

 

広告

【皐月賞2022年】ダノンベルーガを分析!

 

最後にダノンベルーガを分析します。

3歳牡馬で父がハーツクライ(サンデーサイレンス系)
母父がティズウェイ(インリアリティ系)

 

前走の馬体重は502キロと大型馬ですが、今回のフォトパドックを見ると、バランスがいい肉付きで胴体も詰まってなくて中距離が合いそうな感じです。

スマイルくん
スマイルくん
そしてアバラが浮いていて毛ヅヤも良くて、前走より良くなっている印象でした。

 

この馬は後ろ脚に問題があって調整が難しい所があるようですが、今回はしっかりと仕上げている印象です。

 

鞍上は川田将雅騎手ですが、今回初騎乗です。生産者はノーザンファームです。

●戦歴は「2-0-0-0」

●中山芝は今回が初めてです。

●芝2000mは「1-0-0-0」で

東京の新馬戦を勝利しています。

●重賞成績は「1-0-0-0」で

共同通信杯を勝利しています。

 

新馬戦は昨年11月に東京2000m戦でしたが、上り33.1秒の脚を使い2着に2馬身差をつけて完勝でした。そしてその2着に負けた馬は次の未勝利戦を4馬身差の圧勝だったので、いかにダノンベルーガが強かったことがわかります。

続くレースは今年2月の共同通信杯でしたが、これも直線で弾けて上り最速の脚で勝利しました。

スマイルくん
スマイルくん
しかも2着がジオグリフ、3着がビーアストニッシドと強い馬だったので価値があります。

 

ここでその共同通信杯を振り返っエみます。

スタートは10番ゲートから普通に出て、中段からの競馬になりました。

レースは雨の稍重のなかスローPで展開され、道中は11頭立ての6番手を追走していました。

道中は手応えバッチリで追走していて、残り800mぐらいから少し手綱が緩んでいました。
そして残り600mで気合いをつけられて最終コーナーを大外で回ってきました。

直線に入り一杯の追われましたが、上り最速の33,7秒の脚を使いそのまま突き抜けて2着のジオグリフに1馬身半差つけて勝利しました。

 

このレースは道中は中段ぐらいでマイ―ペースで追走できてました。そしてスローということで残り800mぐらいでポジションをあげようとしていました。そして最後の直線ではスローPだったので、少しづつ差を詰める状態でした。

そして最後の300mでジオグリフと叩き合いになりましたが、あっという間に差を広げていました。

これを考えると、けっこう早めにポジションを上げ始めたのに最後の300mでも伸びていて、しかも安定した末脚をもっているジオグリフを子供扱いしてまいました。

これはかなりの心配機能がないとできない芸当だと思います。

 

後ろ足に不安があって満足な調教をしてないのに、パフォーマンスをみると、ダノンベルーガはかなり強いと思います。

ただ陣営は皐月賞出走に直前まで迷っていたようで調整が心配です。ひょっとしたら東京のダービー狙いのようにも感じます。

これは最終追い切りをしっかりチェックしたいと思います。

もし、体調が万全なら勝てる能力はある馬だと思うので本命候補にあげておきます。

 

【皐月賞2022年】ドウデュース・イクイノックス・ダノンベルーガを分析!【まとめ】

今回の分析をまとめると

ドウデュースとダノンベルーガを本命候補としてあげました。そしてイクイノックスはダービー狙いと思うので、思いっ切って消しでいきます。ただ、ダノンベルーガも体調が心配で、ドウデュースも不安もあります。

なので人気馬総崩れという場面もあるかもしれません。

なので他に面白そうな馬をしっかりチェックしていきたいと思います。

スプリンターズステークス2022年の競馬予想の目次この記事は今週のJRA重賞レースの「スプリンターズステークス2022年」に出走予定の馬達の記事をまとめた記事です。 目次から各項目...
広告

気になる記事はこちら