色々

【新潟記念2022年】カイザーバローズ・フェーングロッテン・カラテを分析!

今回の記事は新潟記念2022年に出走予定のカイザーバローズ・フェーングロッテン・カラテを分析していきます。

そして本命候補としてピックアップできるかを考えていきます。

尚、この記事はパート①の続きでパ―ト②という形で紹介しています。

そして結論としては後日発表予定の「本命予想」で本命馬と馬券の買い目を発表します。

良かったら予想の参考にしてください。

 

 

広告

【新潟記念22022年】カイザーバローズを分析!

 

まず、カイザーバローズを分析します。

4歳牡馬で父がディープインパクト(サンデーサイレンス系)
母父がストームキャット(ストームバード系)

 

今回のハンデが55キロですが、56キロで走りなれているので問題はないです。

鞍上は津村騎手ですが、今回3回目の騎乗で、前に2回騎乗した時は新馬戦勝利と新潟大賞典2着なので相性はバッチリです。

生産者は下河辺牧場さんですが、キセキやダノンシャークなどのG1馬を4頭だしています。

●戦歴は「4-1-1-3」

●新潟芝は「0-1-0-0」

新潟大賞典 2着

●芝2000mは「2-1-1-2」

1勝クラス 1着
3勝クラス 1着

●重賞成績は「0-1-0-0」

新潟大賞典 2着

 

新馬戦を勝利したあとは、1勝クラスで⑥①着しました。続く2勝クラスも勝利し連勝しました。

そして3勝Cに昇格し⑥③着し、今年2月にようやく3勝クラスを勝利しオープン入りしました。

オープン入りしてからは、今年5月の新潟大賞典でレッドガランにクビ差の2着

前走は鳴尾記念で6着という結果でした。

ここで参考レースとして2走前の新潟大賞典を振り返ってみます。

スタートは8番ゲートから普通に出ましたが、隣の馬達に挟まれて後方からの競馬になりました。

レースは良馬場のなか平均Pで展開され、道中は15頭立ての10番手を追走していました。

道中は後方待機策ですが手応えバッチリで追走していました。

そして直線に入ると外目にだして、残り600mで鞍上の手が動き始めました。

最後は上り最速の脚を使いましたが前にいたレッドガランを捕まえられずに2着という結果でした。

 

このレースはスタートで隣の馬に挟まれて少し行き脚が鈍っていました。そこからは後方待機策で直線にかける作戦でした。

道中は少しだけ気がはやる場面がある走りでしたが、許容範囲内だと思いました。

そして最後は長い直線で上り最速の脚を使っていました。

スマイルくん
スマイルくん
この時勝ったのが中山金杯を勝利したレッドガランだったので、上り最速の脚を使ってクビ差の2着は評価できると思います。

 

カイザーバローズはキレッキレの末脚はなさそうですが、気分良く走れたら最後は伸びてくるので、新潟コースは有利なりそうです。

そして今回ハンデが55キロと恵まれたほうだと思います。

鞍上も相性抜群のツムツムなので期待して良いと思いました。

よって本命候補にあげさせていただきます。

 

 

【新潟記念22022年】フェーングロッテンを分析!

 

次は、フェーングロッテンを分析します。

3歳牡馬で父がブラックタイド(サンデーサイレンス系)
母父がキングヘイロー(リファール系)

父がモーリスに変わりますが、兄にピクシーナイトがいます。

今回のハンデは53キロですが、今成長中の3歳馬なので53キロは怖いかもしれません。

鞍上は松若風馬騎手ですが、2戦連続で騎乗中で今回が3回目の騎乗です。

スマイルくん
スマイルくん
しかも松若騎手で只今2連勝中で相性抜群です。

生産者はノーザンファームです。

●戦歴は「3-1-2-2」

●新潟芝は初

●芝2000mは「2-1-0-2」

未勝利戦 1着
リステッド 1着

●重賞成績は「1-0-0-0」

ラジオニッケイ賞

 

新馬戦で3着したあとは、未勝利戦で②①着、1勝クラスで⑩⑩③着でした。そして今年の5月にリステッド競争の白百合Sに挑戦し見事に勝利しました。

しかも白百合Sで2着だったのが京都新聞杯2着のヴェローナシチーなので評価できます。そして前走はラジオニッケイ賞(G3)を使い勝利しました。

ここでそのラジオニッケイ賞を振り返ってみます。

 

スタートは3番ゲートから普通に出て、中段からの競馬になりました。

レースは良馬場のなか平均Pで展開され、道中は13頭立ての5番手ぐらいを追走していました。

道中は中段で内ラチ沿いをマイペースで追走していました。

そして残り600mぐらいから少し気合を付けられ始めました。

そして最終コーナーを追われながら回ってきました。

直線に入ると、内ラチ沿いの狭い進路を強引に突き抜けてきて、そのまま勝利しました。

 

このレースは最後の直線で隣の馬と内ラチにぶつかりながら突き抜けてきました。

スマイルくん
スマイルくん
かなりの気が強そうな馬で根性が凄いと思います。

 

ただ気になったのが道中の追走するスピードが、もう少しあったらいいのかな? とも思いました。

今回は古馬相手の重賞レースなので、ペースについて行けるかが不安です。あとは3歳という年齢もきになります。

過去10年の新潟記念の3歳馬出走は合計8頭いましたが、勝ったのがブラストワンピースで、残りの7頭は馬券に絡めませんでした。

よってやはりG1級の馬でないと無理と判断します。

 

フェーングロッテンの勝負根性はG1級だと思いますが、能力はまだ発展途上と思うので

本命候補にはあげられませんでした。

 

 

広告

【新潟記念22022年】カラテを分析!

 

最後にカラテを分析します。

6歳牡馬で父がトゥザグローリー(キンカメ系)
母父がフレンチデピュティ(ヴァイスリージェント系)

 

今回のハンデは57.5キロですが、530キロぐらいある馬なので気にしなくていいかもしれませんね。

スマイルくん
スマイルくん
ちなみに58キロでリステッド競争を勝利した経験もあります。

 

鞍上は菅原明良騎手ですが主戦騎手なので問題なしです。

生産者はナカチさんですが、カラテ以外の重賞勝ち馬は2頭出したことがあります。

●戦歴は「6-2-1-221」

●新潟芝は「0-1-0-2」

関屋記念 2着

●芝2000mは「1-0-0-8」

未勝利戦 1着

●重賞成績は「1-2-1-5」

東京新聞杯(昨年) 1着

 

昨年の1月に3勝クラスを勝利し、オープン入りしました。そして昨年の東京新聞杯でいきなり重賞勝ちをし、安田記念に挑戦しましたが13着と大敗しました。

続いて関屋記念で2着と好走し、京成杯AHでは5着という成績でした。

そして今年に入り、1月のニューイヤーSでは58キロの斤量で勝利しました。

続いて、東京新聞杯を使いましたがイルーシヴパンサ―とファインルージュに負けての3着でした。そして中山記念に挑戦しましたが、パンサラッサの2着と負けました。

そのあとは4月にマイラーズC7着、そして前走の安田記念は16着と大敗をきっしました。

カラテは2000mの距離が問題ですが、参考レースとして中山1800m戦の中山記念を振り返ってみます。

スタートは11番ゲートから普通に出て後方からの競馬になりました。

レースは良馬場のなかハイPで展開され、道中は16頭立ての11番手ぐらいを追走していました。

道中は鞍上の手綱が緩んでいて少し追走が楽ではないような感じでした。

そして最終コーナー手前で追われながらコーナーを回ってきました。
直線に入ると、これは届かないなという位置から伸びてきて、なんとか2着に入った結果でした。

 

このレースはパンサラッサがハイPで逃げる競馬で、前に行った馬は潰されていました。

そしてカラテは中段後ろからの競馬で最後はかなり良い脚を長く使っての2着でした。

この脚を見ると、2000mでも持つような気がしてきました。

 

あとは安田記念で負けているように、キレッキレの脚はないので多少馬場がいたんでいる新潟の馬場も味方になりそうです。

ただ、斤量57.5キロが気になるのと、今年厩舎が変わってから成績がイマイチなのも気になります。

なので本命にはあげられませんが、人気が全然ないようなら相手には入れておきたいと思います

 

【新潟記念22022年】カイザーバローズ・フェーングロッテン・カラテを分析!【まとめ】

今回の分析をまとめると

本命候補にあげたのは

カイザーバローズ の1頭だけでした。

カイザーバローズはイクスプロ―ジョンと同じ4歳ですが、
斤量がカイザーの方が1キロ軽いです。

なので狙うならこっちからとも思いました。

 

スプリンターズステークス2022年の競馬予想の目次この記事は今週のJRA重賞レースの「スプリンターズステークス2022年」に出走予定の馬達の記事をまとめた記事です。 目次から各項目...

 

広告

気になる記事はこちら