色々

【スプリンターズステークス2022年】メイケイエール・ナムラクレア・シュネルマイスターを分析!

 

今回の記事はスプリンターズステークス2022年に出走予定のメイケイエール・ナムラクレア・シュネルマイスターを分析していきます。

そして本命候補としてピックアップできるかを考えていきます。

そして結論としては後日発表予定の「本命予想」で本命馬と馬券の買い目を発表します。

良かったら予想の参考にしてください。

 

 

広告

【スプリンターズステークス22022年】メイケイエールを分析!

 

まず、メイケイエールを分析します。

4歳牝馬で父がミッキーアイル(ディープインパクト系)
母父がハービンジャー(デインヒル系)

今回の斤量は55キロですが、背負いなれてるので問題なしです。

鞍上は池添騎手ですが、乗り慣れていて癖も一番掴んでいる騎手なので安心です。

生産者は天下のノーザンファームです。

●戦歴は「7-0-0-5」

●中山芝は「0-0-0-1」

スプリンターズS 4着

●芝1200mは「4-0-0-3」

新馬戦
小倉2歳S
シルクロードS
セントウルS

●重賞成績は「6-0-0-5」

小倉2歳S(小倉1200m)
シルクロードS(中京1200m)
セントウルS(中京1200m)
ファンタジーS(阪神1400m)
京王杯SC(東京1400m)
チューリップ賞(阪神1600m)

 

2年前に新馬戦、小倉2歳S、ファンタジーSと3連勝し、阪神JFに挑戦しましたが4着と負けました・

そして年が明け昨年のチューリップ賞を勝利し、桜花賞に挑戦し18着しました。

この頃は、レースでは制御不能でマイル戦は長い印象でした。
しかし、こんな気性で重賞を3勝していたので、大人になって気性が落ち着けばモンスターになる馬だと私は思っていました。

そして、昨年の夏から1200m路線に切り替えて、8月のキーンランドCで7着したあと、スプリンターSで4着となかなかの結果でした。

このレースは鞍上がスタートから抑えて後方からの競馬をしていました。

結果前残りの競馬で4着という印象のレースでした。

そして、年が明け今年の1月つシルクロードSを使い勝利し、続く高松宮記念では勝ったナランフレグからコンマ1秒差の5着と惜しい負けでした。

このレースの5着は外枠から終始外目を回ってのもので、最後は届かずの印象なので負けて強しの印象でした。

続くレースは5月に1400m戦の京王杯SCを使い勝利し、

前走はセントウルsを使い見事に重賞2連勝しました。

ここでそのセントウルSを振り返ってみます。

スタートは5番ゲートから普通に出て、前目の位置を取りました。

レースは良馬場のなかハイPで展開され、道中は13頭立ての5番手を追走していました。

道中はハイPにもかかわらず余裕の手応えでスピードについて行ってました。

そして最終コーナーで追われ始め直線に入りました。

そして最後の坂を登った地点から、凄い伸びで尽きぬけて2馬身半差の勝利をあげました。

 

このレースは最初のペースが早かったですが、余裕のスピードで対処していました。

スマイルくん
スマイルくん
そして鞍上が手綱を引いていましたが、折り合いは良くなっていて問題が全くなかったです。

 

2走前の京王杯SCを勝った時も、ペースが遅い区間でも許容範囲内の折り合いだったので、気性的に大人になった印象です。

そして、京王杯を見る限りやはりベスト距離は1200mという感じなので、スプリンターズsは期待できると思います。

このセントウルSでのメイケイエールの勝ち時計は、1:06.2秒という、とてつもなく早い時計で、しかもレコード勝ちでした。

 

今の中山コースはインコースが綺麗で前が止まらない傾向があります。

なのでメイケイエールのスタートダッシュからの前目の位置を取れるのはかなり魅力的です。

正直、4歳秋になりモンスターに変身したと思うので本命候補にあげておきます。

 

 

【スプリンターズステークス22022年】ナムラクレアを分析!

 

次に、ナムラクレアを分析します。

3歳牝馬で父がミッキーアイル(ディープインパクト系)
母父がストームキャット(ストームバード系)

 

今回の斤量は3歳なので53キロですが、過去3歳牝馬は人気薄でも馬券に絡んでいるので、53キロは魅力的です。

鞍上は浜中騎手ですが、主戦騎手なので乗り慣れています。

そして浜中騎手は今年重賞5勝もあげていて絶好調です。

スマイルくん
スマイルくん
ちなみにナムラクレアの父ちゃんのミッキーアイルは、浜中騎手を背にして、NHKとマイルCSを勝利しているので、何かあるかもしれませんね。

生産者は谷川牧場さんですが、チョウカイキャロルやサクセスブロッケンのG1馬を出しています。

 

●戦歴は「3-2-3-1」

●中山芝は初

●芝1200mは「3-0-1-0」

オープン 1着
小倉2歳S 1着
函館SS 1着

●重賞成績は「2-2-2-1」

小倉2歳S 1着
函館SS 1着

 

新馬戦は新潟マイル戦を使い3着と破れました。

続くレースは格上挑戦で1200m戦のオープンレースを使いみごとに勝利しました。

このレースではCBC賞の覇者テイエムスパーダに勝利しているので評価できると思います。

そして、小倉2歳Sを勝利し連勝しました。続いてファンタジーsを使いウォーターナビレラに3/4馬身差の2着に入りました。

そして阪神JFに挑戦し、5着と破れました。そして年が明け今年のフィリーズレビュー2着、桜花賞3着という結果でした。

やはりこれまでのレースを見ると、マイル線や1400m戦は少し長いのかもしれません。

桜花賞の後は、スプリント路線に変えて、函館SSを使い斤量50キロを味方にして古馬を撃破して勝利しました。

そして前走は北九州記念を使い最後良く追い込みましたが3着という結果でした。

ここでこの北九州記念を振り返ってみて、力負けかを考えたいと思います。

スタート16番ゲートから普通に出て、中段からの競馬になりました。

レースは良馬場のなかハイpで展開され、道中は18頭立ての
10番手ぐらいを追走していました。

道中は手応えバッチリでしたが、前に行く馬がいたので少し下げての競馬でした。

そして最終コーナーを馬なりでインを狙いながら回っきました。

直線に入ると進路を外にとって失敗し、再度インコースに進路を取り直し一杯に追われました。

しかし、最後は良く伸びましたが届かずの3着でした。l

 

 

このレースは、最後の直線に入るところが全てで、ここで明暗がわかれた感じです。

スマイルくん
スマイルくん
ナムラクレアは最後の200mでの末脚が圧巻で、2着のタイセイビジョンより強い内容だと思います。

 

上りは3番目に早いあしでしたが、最後の進路選択がスムーズだったら、おそらくナムラクレアが最速の脚だったと思います。

スマイルくん
スマイルくん
それだけ末脚が凄かったです!

 

ナムラクレアは阪神の1400m戦でも末脚は凄かったので、中山の坂も大丈夫そうです。

よって、もし展開が向いたら、この凄い末脚を使い、最後の坂でメイケイエールを逆転する場面もなくはないと思いました。

よって、本命候補に抜擢させていただきます。

 

広告

【スプリンターズステークス22022年】シュネルマイスターを分析!

 

最後にシュネルマイスターを分析します。

4歳牡馬で父がキングマン(グリーンデザート系)
母父がソルジャーホロー(サドラーズウェルズ系)

 

今回の斤量は57キロですが、安田記念を58キロで2着なので問題はないはずです。

鞍上は横山武史騎手ですが、今まで3回騎乗経験があり、マイルCSで2着してるので相性は良さそうです。

生産者は英国表記のノーザンファームです。

これは外国の牧場に委託しているということで、ドイツ生まれです。

●戦歴は「4-3-1-0」

●中山芝は「1-1-0-0」

1勝クラス 1着

●芝1200mは初

●重賞成績は「2-3-1-0」

NHKマイル 1着
毎日王冠 1着

ちなみにG1に限ると

<G1成績>
NHKマイル 1着
安田記念 3着・2着
マイルCS 2着
ドバイターフ 6着

 

一昨年に新馬線・1勝クラスを連勝し、弥生賞に挑戦しタイトルホルダーの2着に入りました。続くNHKマイルで1着、安田記念で3着しました。

この3歳の頃の安田記念は、ダノンキングリーとグランアレグリアにコンマ1秒差の3着なので評価できます。

そして休養に入り、秋に毎日王冠を使い勝利しました。

続くマイルCSはグランアレグリアに負けての2着なので悲観しなくても良いと思います。

そして今年に入りドバイターフ(1800m)に挑戦し、8着と負けました。

そして前走は安田記念を使い、勝ったソングラインにクビ差の2着でした。

ここでその安田記念を振り返って、スプリント戦のスピードに対応できそうかを考えたいと思います。

スタートは9番ゲートから普通に出て、後方からの競馬になりました。

レースは良馬場のなかスローPで展開され、道中は18頭立ての13番手ぐらいを追走していました。

道中は少し鞍上が抑えて後方に下げる形で追走していました。
そして最終コ―ナ~を少し気合を付ける程度で回ってきました。

直線に入ると、少し前が壁で追い出しが遅れて残り400mを切ってから一杯に追われました。

最後は勝ったソングラインと同じ上り32.9秒の脚を使い2着という成績でした。

 

このレースのスタートからの脚を見ると、余裕で前の位置を取っていたました。

マイルとスプリントのラップでは比較にはなりませんが、上りが32秒台の脚を使える馬なので、そこまでペースに苦労するとは考えにくいです。

 

そして安田記念は鞍上が抑えていたので、最後は位置取りの差で負けた印象でした。

スマイルくん
スマイルくん
能力は誰もが知っていてかなり高い馬です。

 

ただ今回は初のスプリント戦なので、中段後方からの競馬になると思います。

なので今の中山はイン前が止まらないので、最後は届いて3着までか、それ以下の可能性も考えられます。

 

よって、本命候補にはあげられませんでした。

 

 

【スプリンターズステークス2022年】メイケイエール・ナムラクレア・シュネルマイスターを分析!【まとめ】

今回の分析をまとめると、本命候補にあげられたのは

メイケイエール
ナムラクレア

の2頭でした。

メイケイエールはモンスターに変身したと思いますが、当日の気持ちしだいなところがあります。

そして、ナムラクレアはインコースから展開が向いたら1着もあっておかしくないと感じました。

シュネルマイスターは次への叩き台だと思います。

チャンピオンズカップ2022年の競馬予想の目次この記事は今週のJRA重賞レースの「チャンピオンズカップ2022年」に出走予定の馬達の記事をまとめた記事です。 目次から各項目に飛...

 

広告

気になる記事はこちら