色々

【競馬予想無料公開】オークス2022年の競馬の穴馬予想!ポイントは「後ろから来る馬」

今回の記事は、5月22日(日)に東京競馬場で行われるオークスに出走予定の馬達の中から穴馬を探して分析しました。

本命馬と違って馬券圏内に来て馬券的に魅力的な馬を探しました。良かったら予想の参考にして下さいね。

 

広告

【競馬予想無料公開】オークスの穴馬予想

 

この記事の内容を簡単に説明すると、単勝予想オッズ⑦人気以下の馬の中から馬券に絡みそうな穴馬を探すという内容です。

今回の穴馬探しのポイントにしたことが1つあります。

そのポイントは

「後ろから来る馬」です。

 

やはりオークスは直線の長い東京コースということで、差し馬が馬券にからみやすいデータが出ています。

そして3歳牝馬の2400m戦いということで、やはり最後はスタミナがないと厳しいと思います。

スマイルくん
スマイルくん
よって、じっくりと脚をためて直線でバテてきた前の馬を抜かすイメージの馬を探したいと思いました。

 

ここでネット競馬さんの単勝予想オッズを見てみます。

 

この7人気以下の馬の中から今回は2頭を選びました。

それではその2頭を発表します。

それは

7人気想定 ルージュエヴァイユ
8人気想定 プレサージュリフト

です。

スマイルくん
スマイルくん
これは穴馬とは言えないという人もいると思いますが、この2頭は外せないかな? と思いました。

 

それでは、この2頭の簡単なデータを見ながら抜擢理由を説明していきます。

 

 

【競馬予想無料公開】オークスの穴馬予想!ルージュエヴァイユ

 

まず、ルージュエヴァイユを分析します

3歳牝馬で父がジャスタウェイ(サンデーサイレンス系)
母父がフランケル(サドラーズウェルズ系)

 

前走の馬体重が444キロでしたが、新馬戦から徐々に減ってきてますが、新馬戦の時は仕上がっていなかったので前走ぐらいか、少し増えるぐらいが理想だと思います。

鞍上は池添謙一騎手ですが、今回初騎乗です。今までは戸崎圭太騎手が乗っていましたが、戸崎騎手はプレサージュリフトに騎乗します。

スマイルくん
スマイルくん
ただ池添騎手は最終追い切りで乗っていて手応えを確認していました。

生産者は社台ファームです。

●戦歴は「2-0-0-1」

●東京芝は「0-0-0-1」

フラワーS 5着

●芝2000m以上は「0-0-0-1」

フラワーS 5着

●重賞成績は「0-0-0-1」

フラワーS 5着

 

中山1800m戦の新馬戦と1勝クラスのレースを連勝しました。そして今年の4月に東京2000mのフローラSに出走して、5着という成績でした。

このレースは上り最速の脚を使っていましたが、最後は届かずの5着でした。

ここでそのフローラSを振り返ってみます。

スタートは1番ゲートから普通に出て少し促されながら後方からの競馬になりました。

レースは雨の良馬場のなか平均Pで展開され、道中は15頭立ての12番手ぐらいを追走していました。

道中はペースが落ち着いたときに折り合いはバッチリで追走できてました。

そして残り600mで少し促されながら最終コーナーを回ってきました。

直線では進路を探すために外目に出してきました。

しかし前が壁になる時間が長くまともに終えずにいました。

そして残り200m手前ぐらいで進路ができ、一杯に終われ始めましたが、時すでに遅しで届かずの5着という結果でした。

 

ルージュエヴァイユはスタートからの行き脚が遅いところがあるので後方からの競馬にいつもなります。

そしてこのレースは①②番手で競馬していた馬が②③着、4番手にいたエリカヴィータが勝利したという前残りの競馬でした。

その展開のなかルージュエヴァイユは最後の直線では、なかなか進路ができずに一杯に追えませんでした。まともに追ったのが200m手前からでした

スマイルくん
スマイルくん
それでいた上りが33.6秒の末脚を使っていました。

 

しかも最後までバテずにしっかりと伸びていました。これを考えると東京2400mの舞台で好走できそうな気がします。

フローラsの5着というのは負けて強しの印象のレースでした。

 

あと、今回のオークスは2枠4番に入ったので距離ロスがなく、後方でジッとする作戦で行けます鞍上も大舞台で強い池添騎手なので楽しみです。

正直勝ちきるイメージはないですが、この末脚はオークスという舞台なら馬券圏内はあると感じました。

よって、今回抜擢させていただきました。

 

 

広告

【競馬予想無料公開】オークスの穴馬予想!プレサージュリフト

 

 

最後に、プレサージュリフトを分析します。

3歳牝馬で父がハービンジャー(デインヒル系)
母父がディープインパクト

 

1歳年上に父ちゃんがマクフィに変わりますが、アイビスSDを勝ったオールアットワンスがいます。

スマイルくん
スマイルくん
弟を見ると短距離馬が多いい点が少し気になりますが、ハービンジャーの血が強く出ていることを願いたいです。

 

鞍上は戸崎圭太騎手ですが、2戦連続騎乗中でクセは掴んでいるはずです。

生産者はノーザンファームです。

●戦歴は「2-0-0-1」

●東京芝は「2-0-0-0」

新馬戦(1600m) 1着
クイーンC(1600m 1着

●芝2000m以上は今回初めてです

●重賞成績は「1-0-0-1」

クイーンC 1着

 

今までは全てマイル戦を使ってきました。

昨年10月に東京コースの新馬戦を使い3馬身差の圧勝しました。そして今年2月にクイーンCを使いましたが、のちの桜花賞馬のスターズオンアースにクビ差の勝利をあげました。

そして桜花賞に挑戦しましたが11着と大敗してしまいました。

ここでその桜花賞を振り返ってみます。

スタートは14番ゲートから遅れ気味に出て後方からの競馬いなりました。

レースは良馬場のなか平均Pで展開され道中は18頭立ての最後方からの競馬になりました。

道中は折り合いは問題なしに後方でじっとしていました。

そして残り600mでも馬なりで手応えバッチリで追走していました。

そして最終コーナーを大外ぶん回しで回ってきました。

直線に入ると前にサークルオブライフとナミュールがいて追いかけてました。

しかし、サークルオブライフとは力差があって離されていました。

ただ最後は上がりが3番目に早い末脚を使っていたので評価して良いと思います。

 

正直、まだ成長途上で力差はありそうですが、東京コースが合いそうな馬で末脚が素晴らしと思います。

あとは8枠に入ったのが厳しそうですが、出遅れる馬で後方から決め打ちするので気にしなくていいと思います。

スマイルくん
スマイルくん
今回のオークスは後ろの馬が追い込んでくるというイメージなので、プレサージュリフトの末脚も馬券圏内なら怖い一頭と思いました。

 

鞍上の戸崎騎手の腕に期待したいと思い抜擢させていただきました。

 

 

【競馬予想無料公開】オークスの穴馬予想!【まとめ】

今回は⑦⑧人気想定と人気よりの馬2頭を抜擢しちゃいました。

ただ、この2頭の末脚はかなり魅力的なので馬券からは外せないと思いました。

ただ、2着というよりも3連系の馬券勝負だったら入れておきたい馬だと思います。

チャンピオンズカップ2022年の競馬予想の目次この記事は今週のJRA重賞レースの「チャンピオンズカップ2022年」に出走予定の馬達の記事をまとめた記事です。 目次から各項目に飛...
広告

気になる記事はこちら