色々

【毎日王冠022年】サリオス・レイパパレ・ダノンザキッドを分析!

今回の記事は毎日王冠2022年に出走予定のサリオス・レイパパレ・ダノンザキッドを分析していきます。

そして本命候補としてピックアップできるかを考えていきます。

そして結論としては後日発表予定の「本命予想」で本命馬と馬券の買い目を発表します。

良かったら予想の参考にしてください。

 

広告

【毎日王冠22022年】サリオスを分析!

 

まず、サリオスを分析します。

5歳牡馬で父がハーツクライ(サンデーサイレンス系)
母父がロミタス(ニジンスキー系)

 

父ちゃんがディープに変わりますが、姉にサラキアがいます。

今回斤量は56キロですが、57キロでも好走しているので問題なしです。

鞍上は松山弘平騎手ですが、今回が4回目の騎乗です。
生産者はノーザンファームです。

●戦歴は「4-2-2-5」

●東京芝は「3-1-1-1」

新馬戦 1着
サウジRC 1着
毎日王冠 1着

●芝1800mは「1-0-0-0」

毎日王冠 1着

●重賞成績は「3-2-2-5」

サウジRC 1着
朝日杯 1着
毎日王冠 1着

 

一昨年の毎日王冠を勝利したあと、マイルCSで5着、重馬場の大阪杯でレイパパレの5着、そして昨年の安田記念は8着という結果でした。

そして昨年のマイルCSに挑戦し6着、香港に飛んで香港マイルでゴールデンシックスに負けての3着でした。

そして年が明け今年の高松宮記念で13着、前走安田記念ではソングラインの3着と好走しました。

ここでその安田記念を振り返ってみます。

スタートは17番ゲートから普通に出て、前目の位置からの競馬になりました。

レースは良馬場のなかスローPで展開され、道中は18頭立て7番手ぐらいを追走していました。

道中は馬群の外目を常に通っていましたが、凄い手応えで追走していました。

そして最終コーナーも馬なりで周り直線に入りました。
直線に入ると、そのまま馬なりで凄いスピードで走っていました。

そして残り400mを切ったあたりから追われ始め突き抜けていきましたが、最後はソングラインとシュネルマイスターに抜かれての3着でした。

 

このレースはスローの瞬発力勝負が全てな感じでした。

サリオス自身も上り33秒の脚を使っていましたが、1・2着は32.9秒の脚を使っていました。

 

サリオスはコントレイルにかなわない感じでしたが、やはり究極の末脚勝負になると少し厳しいようです。

ただ安田記念は、馬体重が-22キロとが絞れていてしっかりと仕上げられた印象でした。

そして今回の1週前の追い切りを見ると、めちゃくちゃ良かったです。

なので安田記念からの調子は落ちてないとみました。

それどころか成長してきて今が完成期の気がしました。
ハーツなのでやっと完成したのかもしれませんね。

よって、元々素質はG1級なので、成長した今と斤量56キロも有利なので本命候補にしておきます。

 

【毎日王冠22022年】レイパパレを分析!

 

次に、レイパパレを分析します。

5歳牝馬で父がディープインパクト(サンデーサイレンス系)
母父がクロフネ(ヴァイスリージェント系)

 

今回斤量が55キロですが、55キロで大阪杯を勝利してるので力はだせるはずです。

鞍上は川田将雅騎手ですが、主戦騎手で乗り慣れています。

生産者はノーザンファームです。

●戦歴は「6-2-1-4」

●東京芝は「0-0-0-1」

ヴィクトリアM 12着

●芝1800mは「2-0-0-0」

2勝クラス 1着
3勝クラス 1着

●重賞成績は「2-2-1-4」

チャレンジC
大阪杯

 

昨年の大阪杯を6連勝で勝利した後は、宝塚記念で3着、オールカマー4着、そしてエリザベス杯6着という結果でした。

スマイルくん
スマイルくん
宝塚記念からは距離が2200mということで長い印象の負けだと思います。

 

そして、昨年12月の香港Cに挑戦し6着し、今年の金鯱賞で2着したあと大阪杯で2着という結果でした。
そして前走は初マイル戦のヴィクトリアmを使い12着と大敗しました。

ここで参考レースとして、2走前の大阪杯2着を振り返ってみます。

スタートは14番ゲートから普通に出て、前目の位置を取りました。

レースは良馬場のなか平均Pで展開され、道中は18頭立ての3番手を追走していました。

道中はさすがにスピードがある馬で手応えバッチリ、折り合いバッチリで追走できていました。

そして馬なりのまま最終コーナーを周り直線に入りました。

直線に入ると、一杯に追われ最後の最後まで先頭を走っていましたが、ゴール前で交わされての2着という結果でした。

 

このレースをみると、最後は完全にポタジェにマークされていて交わされた印象です。

そして末脚勝負で負けたという感じで、レイパパレ自信が最後バテたという感じではなかったです。

 

2200m戦では最後バテているですが、このレースは相手の末脚が一枚上だったという感じです。

今回の毎日王冠は開幕週で前が止まらない傾向になる感じがします。

スマイルくん
スマイルくん
今回は久し振りの1800m戦で、レイパパレのスピードはかなりの武器になりそうです。

 

スピードを活かして、3・4年前のアエロリットのような粘りが見られそうなきがします。

あとは少し仕上がりが心配ですが、最終追い切りをしっかりと見極めたいと思います。

よって、本命候補にあげておきます。

 

 

広告

【毎日王冠22022年】ダノンザキッドを分析!

 

最後にダノンザキッドを分析します。

4歳牡馬で父がジャスタウェイ(サンデーサイレンス系)
母父がダンジリ(デインヒル系)

全兄にミッキーブリランテがいます。

鞍上は戸崎騎手ですが、今回が初騎乗です。

いつもは川田騎手ですがレイパパレに乗りますね。

生産者はノーザンファームです。

●戦歴は「3-0-3-4」

●東京芝は「1-0-0-2」

東スポ杯 1着

●芝1800mは「2-0-0-1」

新馬戦 1着
東スポ杯 1着

●重賞成績は「2-0-3-4」

東スポ杯 1着
ホープフルS 1着

 

新馬戦から3連勝でホープフルSを勝ちました。

そのあとは昨年の弥生賞でタイトルホルダーの3着、皐月賞15着で休養に入りました。

そして秋の富士Sで復帰し路線をマイル戦にしました。
その富士Sでは4着したあとマイルCSに挑戦し、グランアレグリアの3着と好走しました。

そして、今年の中山記念で7着、安田記念6着、前走の関屋記念は3着という結果でした。

ここで参考レースとして、前走の関屋記念3着を振り返ってみます。

スタートは8番ゲートから普通に出て、中段からの競馬になりました。

レースは稍重のなかスローPで展開され、道中は14頭立ての6番手ぐらいを追走していました。

道中は折り合いも大丈夫で良い手ごたえで追走できてました。

そして最終コーナーを馬なりで周り、新潟の長い直線に入りました。

残り600mを過ぎると追われ始めましたが、一瞬となりの馬が寄ってきてぶつかりそうな場面がありました。

そこからはジリジリ伸びましたが、前が止まらずの3着が精一杯でした。

 

このレースは完全にスローの前残りという感じのレースでした。

ダノン自身は稍重で上り32.6秒の脚を使ったいたので強かったと思います。

 

能力はやはりG1級のものがある感じです。

スマイルくん
スマイルくん
ただ、気になったのが1週前追い切りです。

 

映像は少ししか見れなかったですが、最後失速ぎみでした。

全体時計は坂路で50.9秒なので早いのでしょうがないですが、最後の脚が心配になりました。

あとは元々かかる馬なので今回初騎乗の戸崎騎手がどうでるかも心配です。

よって、今回は叩きの一戦とみます

なので本命候補にはあげられませんでした。

 

【毎日王冠22022年】サリオス・レイパパレ・ダノンザキッドを分析!を分析!【まとめ】

今回の分析をまとめると、本命候補にあげられたのは

サリオス
レイパパレ

の2頭でした。

この2頭では、サリオスが成長してきて、動きもよかったので楽しみだと思います。

レイパパレは1800m戦で前に行ってどこまで粘れるかが楽しみですね

ダノン君は抑えまでにしておきます

チャンピオンズカップ2022年の競馬予想の目次この記事は今週のJRA重賞レースの「チャンピオンズカップ2022年」に出走予定の馬達の記事をまとめた記事です。 目次から各項目に飛...

 

広告

気になる記事はこちら