色々

【毎日王冠2022年】ポタジェ・ノースブリッジ・ジャスティンカフを分析!

今回の記事は毎日王冠2022年に出走予定のポタジェ・ノースブリッジ・ジャスティンカフを分析していきます。

そして本命候補としてピックアップできるかを考えていきます。

尚、この記事はパート①の続きでパ―ト②という形で紹介しています。

そして結論としては後日発表予定の「本命予想」で本命馬と馬券の買い目を発表します。

良かったら予想の参考にしてください。

 

 

広告

【毎日王冠22022年】ポタジェを分析!

 

まず、ポタジェを分析します。

5歳牡馬で父がディープインパクト(サンデーサイレンス系)
母父がオウサムアゲイン(ヴァイスリージェント系)

父ちゃんがマンハッタンカフェに変わりますが、姉にルージュバックがいます。

今回の斤量は58キロですが、他の馬がだいたい56キロなので少し斤量面で不安です。

鞍上は吉田隼人騎手ですが、大阪杯を吉田隼人騎手で勝利しているので手は合いそうです。

生産者はノーザンファームです。

●戦歴は「6-4-2-4」

●東京芝は「1-1-1-1」

白富士S(L)1着

●芝1800mは「1-0-1-9」

新馬戦 1着

●重賞成績は「1-1-2-4」

大阪杯 1着
新潟大賞典 2着

 

昨年の金鯱賞で3着したあと、新潟大賞典が2着、毎日王冠3着、そして天皇賞秋が6着という結果でした。

そして年が明け今年のAJCCで5着し、金鯱賞で4着、そして大阪杯で初G1制覇しました。

そして前走は宝塚記念を使い11着と大敗しました。

この宝塚の大敗は体調の問題っぽいので無視して良いと思います。

ここで参考レースとして、昨年の毎日王冠3着を振り返ってみます。

スタートは5番ゲートから普通に出て、前目の位置を取りました。

レースは良馬場のなか平均Pで展開され、道中は13頭立ての4番手を追走していました。

道中は手応えバッチリでマイペースで追走していました。

そして残り600mを切ったあたりで追われ始め最終コーナーを回ってきました。

そして直線に入り一杯に追われると、ダノンキングリーにアッサリ抜かされて、シュネルマイスターにも抜けれての3着でした。

 

このレースは次の天皇賞への叩き台という感じもありますが、最後の末脚勝負で完全に置いていかれていました。

スマイルくん
スマイルくん
やはりキレッキレの脚を使う高速馬場だと少し厳しい感じがします。

 

最後はカイザーミノルと同じような脚色だったので、これが東京コースでの実力なのかな? と思いました。

そして、今回の1週前追い切りをみましたが、もう一段階上がありそうな仕上げなので叩き台なのかな? とも思いました。

あと斤量58キロも不利なので、今回は本命候補にあげれませんでしたあ。

 

 

【毎日王冠22022年】ノースブリッジを分析!

 

次は、ノースブリッジを分析します。

4歳牡馬で父がモーリス(グラスワンダー系)
母父がアドマイヤムーン(フォーティナイナー系)

今回斤量が56キロですが、前走エプソムCを56キロで勝利してるので問題ないと思います。

鞍上は岩田康誠騎手ですが、主戦騎手なので乗り慣れてます。

生産者は村田牧場さんですが、ローレフゲレイロやディープボンドなどを排出してます。

●戦歴は「5-0-1-3」

●東京芝は「3-0-0-2」

2勝クラス 1着
3勝クラス 1着
エプソムC 1着

●芝1800mは「1-0-1-0」

エプソムC 1着

●重賞成績は「1-0-1-2」

エプソムC 1着
ラジオニッケイ 3着

 

一昨年の新馬戦と1勝クラスを連勝したあと、青葉賞で13着、ラジオニッケイ賞で3着と好走しました。

そして昨年のセントライト記念で10着と負け、自己条件に戻りました。

自己条件に戻ると、2勝クラスを勝利、3クラス⑫着、①着と2戦でクリアしてオープン入りしました。

そして前走はエプソムCを使い4人気でみごと勝利しました。

ここでそのエプソムcを振り返ってみます。

スタートは6番ゲートから普通に出て、前目の位置を取りました。
レースは重馬場のなかスローPで展開され、道中は12頭立ての3番手を追走していました。

道中は鞍上が手綱を少し引きながら、凄い手応えで走っていました。

そして最終コーナーを馬なりで良い手応えで回って直線に入りました。

直線では残り400mを切るぐらいで追われ始め、そこから突き抜けて危なげない勝利でした。

 

このレースは先行策でしたが、少し行きたがるような感じの走りでした。

スマイルくん
スマイルくん
ただ、これでいて最後の最後まで凄い手応えだったので強いと感じました。

 

ただ今回はレイパパレという同型の強い馬がいます。

おそらくレイパパレに突っつかれそうな気がして、マイペースではいけないと思いました。

まだ強い相手に揉まれた経験も少ないので、今回もし勝つことがあったら相当強い馬ということです。

なのでレイパパレがいるので、今回は修行の馬ということで本命には推せませんでした。

 

広告

【毎日王冠22022年】ジャスティンカフを分析!

 

最後に、ジャスティンカフェを分析します。

4歳牡馬で父がエピファネイア(シンボリクリスエス系)
母父がワークフォース(キングマンボ系)

 

今回斤量が56キロですが、背負いなれてるので大丈夫だと思います。

鞍上は福永祐一騎手ですが、7走前に騎乗して以来の2回目の騎乗です。

ちなみにその時は1勝クラスで3着でした。

生産者は社台ファームです

●戦歴は「4-3-1-2」

●東京芝は「1-0-1-1」

3勝クラス 1着

●芝1800mは「0-1-0-1」

1勝クラス 2着

●重賞成績は「0-0-0-2」

アーリントンC 13着
エプソムC 4着

 

昨年1月の新馬戦を勝利したあと、1勝クラスで2着し、アーリントンCに挑戦しましたが、13着と敗れました。

そのあとは1勝クラス③①着、2勝クラス②②①着、3勝クラス1着とし2連勝でオープン入りしました。

そして前走はエプソムCに挑戦し4着と好走しました。

この馬はほとんどマイル戦を使っていて、末脚切れるマイラーというイメージの馬です。

ただ前走は1800mのエプソムCで4着なので、東京コースなら直線だけで飛んできそうな気もします。

ここで参考レースとして前走4着のエプソムCを振り返ってみます。

スタートは11番ゲートから普通に出て、最後方からの競馬になりました。

レースは重馬場のなかスローPで展開され、道中は12頭立ての12番手を追走していました。

道中は一番後ろでマイペースで追走するとう競馬でした。

そして最終コーナーも最後方でインコースをついて回ってきました。

このレースはインコースが荒れ馬場で、多くの馬がインコースを避けていましたが、ジャスティンカフェはインをついていました。
そして直線に入ると良く追い込んで、上り最速の脚を使っての4着という結果でした。

このレースは最後のゴール前でノースブリッジが内側に切れ込んできて、少しジャスティンカフェに影響を与えていた感じを羽化ました。

スマイルくん
スマイルくん
もし、スムーズに一杯に追えていたら、勝つまではいきませんが、3着はあったかもしれません。

 

そして最後は重馬場で馬場の悪いところを通っての末脚爆発です。
これは成長したら重賞勝てる器になると感じました。

あとは今回は1800m戦ですが、前走は重馬場で最後まで伸びていたので問題ないと思います。

なにより、早い時計が出そうな東京なので、後ろからいってキレッキレの脚を使えることじたいが相当の武器になると思いました。

ただ心配な点が、あまり強い調教をやってないところです。

ヒョットしたら別のレースを狙っているのかな? と思いました。

こればっかりは最終追い切りしだいですが、一応末脚が魅力なので本命候補にあげさせていただきます。

 

【毎日王冠22022年】ポタジェ・ノースブリッジ・ジャスティンカフを分析!【まとめ】

今回の分析をまとめると

本命候補にあげたのは

ジャスティンカフェ のみでした。

正直、人気上位馬より現時点では劣ると思いますが、どこかで強くなる馬だと思うので、期待を込めて本命候補にはあげておきます。

チャンピオンズカップ2022年の競馬予想の目次この記事は今週のJRA重賞レースの「チャンピオンズカップ2022年」に出走予定の馬達の記事をまとめた記事です。 目次から各項目に飛...
広告

気になる記事はこちら