色々

【秋華賞2022年】スターズオンアース・スタニングローズ・アートハウスを分析!

今回の記事は秋華賞2022年に出走予定のスターズオンアース・スタニングローズ・アートハウスを分析していきます。

そして本命候補としてピックアップできるかを考えていきます。

そして結論としては後日発表予定の「本命予想」で本命馬と馬券の買い目を発表します。

良かったら予想の参考にしてください。

 

 

広告

【秋華賞22022年】スターズオンアースを分析!

 

まず、スターズオンアースを分析します。

3歳牝馬で父がドゥラメンテ(キンカメ系)
母父がスマートストライク(ミスプロ系)

 

前走のオークスの時の馬体重は464kgでしたが、その時は研ぎ澄まされた馬体でした。

今回のフォトパドックを見ると少しフックラしてるぐらいで、最終追い切りで仕上がりそうな具合です。

鞍上はルメさんですが、オークスに引き続き2回目の騎乗です。

生産者は社台ファームです。

●戦歴は「3-3-1-0」

●阪神芝は「1-0-0-0」

桜花賞 1着

●芝2000mは初

●重賞成績は「2-2-0-0」

桜花賞 1着
オークス 1着

 

新馬戦2着のあと未勝利戦を勝利、そして1勝クラスを使いましたが、ナミュールの3着でした。

そのあとはフェアリーsでライラックの2着に入り、桜花賞に挑戦し見事勝利しました。

そして前走はオークスを使いみごと勝利し2冠馬になりました。

今まで3着外がない安定力はかなり魅力だと思います。

ここで前走のオークスを振り返ってみます。

スタートは大外18番ゲートから普通に出て、中段からの競馬になりました。

レースは良馬場のなかスローPで展開され、道中は18頭立ての8番手ぐらいを追走していました。

走中は中段で馬群の外目を常に追走していました。

そして残り600mぐらいから少しづつ気合いをつけて最終コーナーを外目で回って来ました。

そして直線に入ると、上り最速の脚を使い、みるみるうちに抜かしていき余裕の勝利を挙げました。

 

スマイルくん
スマイルくん
このレースを振り返ると、強いの一言です。

 

桜花賞を振り返るとハナ差の勝利で強いイメージではないですが、内容は強かったと思います。

そしてこのオークスは常に馬群の外目を走っていて、最終コーナー手前で手綱を緩め初めるぐらいの手応えの良さでした。

そして直線では、最後までしっかりした脚を使っていました。

3歳牝馬で東京2400mを最後までしっかり伸びていたのでスタミナと切れる脚はかなり能力が高いと思います。

心配な点は骨折明けで秋華賞挑戦ということです。

ただ2週前と1週前の追い切りを見ましたが、心配はいらないと思います。

 

普通に強いと思うので本命候補にあげさせていただきます。

 

 

【秋華賞22022年】スタニングローズを分析!

 

次に、スタニングローズを分析します。

3歳牝馬で父がキングカメハメハ(キングマンボ系)
母父がクロフネ(ヴァイスリージェント系)

 

前走の馬体重は488キロでしたが、オークスから+14キロ増えていて順調に成長している感じです。

鞍上は坂井瑠星騎手ですが、今回3回目の騎乗です。

生産者はノーザンファームです。

●戦歴は「4-2-1-2」

●阪神芝は「2-0-0-1」

未勝利 1着
1勝C 1着

●芝2000mは「1-0-0-0」

紫苑S 1着

●重賞成績は「2-1-1-2」

フラワーC 1着
紫苑S 1着

 

新馬戦2着したあと、未勝利戦1着、新潟2歳s5着という結果でした。

そしてサウジRCで3着したあと、デイリー2歳Sで5着とまけました。

そのあとは自己条件の1勝クラスを使い勝利し、G3フラワーCに挑戦し勝利しました。

続いてオークスに挑戦し、みごと2着に入り休養に入りました。

そして前走は休み明けで馬体重+14キロで紫苑Sを使い、みごとに勝利を飾りました。

ここでその紫苑Sを振り返ってみます。

スタートは12番ゲートから普通に出て、前目の位置を取りました

レースは良馬場のなかスローPで展開され、動中は12頭立ての3番手を追走していました。

動中は凄く良い手応えで先行できてました

そして最終コーナーも凄い手応えで馬なりで回ってきました。
直線に入ると、意外に伸びなくてサウンドビバーチェと叩き合いになっていました。

そして叩き合いを制して勝利しました。

 

この時の最後のラップタイムを見ると、やはり物足りなさが残りました。

叩きの一戦は明らかですが、何かが物足りないでのです。

勝ち時計も過去の紫苑Sで稍重年を除いて一番遅かったです。

 

よって、何かがひっかかるので本命候補にはあげれませんでした。

 

広告

【秋華賞22022年】アートハウスを分析!

最後にアートハウスを分析します。

3歳牝馬で父がスクリーンヒーロー(グラスワンダー系)
母父がヴィクトワールピサ(ネオユニヴァ―ス系)

 

前走の馬体重は476キロでしたが、オークスと変わらずでした。

ただフォトパドックを見ると、オークスの時よりメリハリが出ていて、筋肉がついて無駄肉が落ちたと考えていいと思います。

鞍上は川田騎手ですが、主戦騎手なので乗り慣れています。

生産者は三嶋牧場さんですが、G1バはダノンキングリーがいます。

●戦歴は「3-0-0-2」

●阪神芝は「2-0-0-1」

新馬戦 1着
忘れな草(L)1着

●芝2000mは「3-0-0-1」

オークス以外は2000m

●重賞成績は「1-0-0-1」

ロースS 1着

 

新馬戦を勝利したあと、1勝クラスで6着しました。

そのあとは格上挑戦で忘れな草賞(L)を使い見事に勝利しました。

そしてオークスを使いましたが7着と負けました。

そして休養に入り、休み明けの前走はローズSを使い見事に重賞制覇をしました。

ここで参考レースとしてローズSを振り返ってみます。

スタートは8番ゲートから普通に出て前目の位置を取りました。

レースは良馬場のなかスローPで展開され、道中は14頭立ての4番手を追走していました。

走中は凄い手応えで走っていてパワフルさを感じさせる走りでした。

そして最終コーナーも凄い手応えのまま馬なりで回って直線に入りました。

そして残り300m手前で一杯に追われると、そのまま突き抜けて勝利しました。

 

このレースは終始前目の位置でしたが、メチャクチャ良い手応えで追走していました。

スローPでしたが、ペースが上がっても全然ついていけるスピード能力があることがわかりました。

そして残り300mまでは、一杯に追われることなく走っていました。

スマイルくん
スマイルくん
かなりの先行力があって長く良い脚を使えそうです。

 

今回は阪神内回りコースということで、この先行力はかなりの武器になると思います。

あとは、オークスの時より成長している感じもするし、オークスは距離が長い感じだったの、2000mの方がピッタリの印象です。

なので2冠馬に一泡吹かせることもあると思います。

本命に抜擢させていただきます。

 

【秋華賞2022年】スターズオンアース・スタニングローズ・アートハウスを分析!【まとめ】

今回の分析をまとめると

本命候補にあがったのは

スターズオンアース
アートハウス

の2頭でした。

スターズオンアースは骨折明けなので最終追い切りをしっかりとチェックする必要があります。

アートハウスは成長していると思うので、2冠馬にどこまでやれるか楽しみです。

 

チャンピオンズカップ2022年の競馬予想の目次この記事は今週のJRA重賞レースの「チャンピオンズカップ2022年」に出走予定の馬達の記事をまとめた記事です。 目次から各項目に飛...
広告

気になる記事はこちら