チャンピオンズカップ

【マイルチャンピオンシップ2022年】セリフォス・ダノンスコーピオン・ソウルラッシュを分析!

今回の記事はマイルチャンピオンシップ2022年に出走予定のセリフォス・ダノンスコーピオン・ソウルラッシュを分析していきます。

そして本命候補としてピックアップできるかを考えていきます。

尚、この記事はパート①の続きでパ―ト②という形で紹介しています。

そして結論としては後日発表予定の「本命予想」で本命馬と馬券の買い目を発表します。

良かったら予想の参考にしてください。

 

 

広告

【マイルチャンピオンシップ22022年】セリフォスを分析!

 

まず、セリフォスを分析します。

3歳牡馬で父がダイワメジャー(サンデーサイレンス系)
母父がル・アヴ―ル(ブラッシンググルーム系)

 

今回の斤量は56キロですが、NHKを57キロで4着なので大丈夫だと思います。

鞍上はレーン騎手ですが、今回初騎乗です。

生産者は追分ファームさんですが、フェノーメノやペルシアンナイトのG1馬を出しています。

●戦歴は「4-1-0-2」

●阪神芝は「1-1-0-0」

デイリー杯2歳 1着
朝日杯 2着

●芝1600mは「4-1-0-2」

全レースマイル戦

●重賞成績は「3-1-0-2」

新潟2歳S 1着
デイリー杯2歳S 1着
富士S 1着

新馬戦・新潟2歳S・デイリー杯2歳Sを3連勝したあとに、朝日杯に挑戦し、ドウデュースの2着と破れました。

そこから休養に入り、休み明けでNHKマイルを使い4着と破れました。

このNHKマイルの4着は、少なからず休み明けの影響が多少はあったと思います。

続く安田記念は上りが2番目に早い脚をつかい、古馬相手に4着と好走しました。

そこからは休養し、前走は富士Sを使い、斤量54キロの恩恵もあって勝利しました。

ここでその富士Sを振り返ってみます。

ちなみに2・3着馬の斤量は

1着 セリフォス 54kg
2着 ダノンスコーピオン 56kg
3着 ソウルラッシュ 57kg

でした。

スタートは10番ゲートから普通に出て、抑えて後方からの競馬になりました。

レースは良馬場の中、平均pで展開され、道中は15頭立ての10番手ぐらいで競馬をしていました。

道中は手応えバッチリ・折り合いバッチリで終始後方でジッとしてる競馬でした。

そして最終コーナーも馬なりのまま周り直線に入りました。

直線に入ると、前が壁で進路を探しながら持ったままで追走していました。

そして残り300mぐらいで進路ができると追い出され、最後は突き抜けての勝利を上げました。・

このレースは見ると、54キロの斤量の恩恵はありましたが、爆発力が違いました。

そして何より、道中の折り合いがバッチリで気性が成長していたと思いました。

あとは調教の動きや、フォトパドックを見ると、春よりかなり成長していて前走の末脚は本物だと思いました。

前走は斤量の恩恵がありましたが、セリフォスはかなり成長しいるので斤量を差し引いても強くなったと感じました。

よって、外差し競馬をして最後は末脚爆発させてくると思い本命候補に上げさせていただきます。

 

【マイルチャンピオンシップ22022年】ダノンスコーピオンを分析!

 

次は、ダノンスコーピオンを分析します。

3歳牡馬で父がロードカナロア(サンデーサイレンス系)
母父がスライゴー・ベイ(サドラーズウェルズ系)

今回斤量が56キロですが、NHKマイルを57キロで勝利しているので問題はないです。

鞍上は川田騎手ですが、主戦騎手なので乗り慣れています。

生産者はケイアイファームさんですが、ロードカナロアやダノンプレミアム・ダノンスマッシュなので有名です。

●戦歴は「4-0-2-1」

●阪神芝は「3-0-1-0」

新馬戦 1着
萩S 1着
アーリントン 1着

●芝1600mは「3-0-2-0」

完全にマイラーのイメージです

●重賞成績は「2-0-2-1」

アーリントン 1着
NHKマイル 1着

 

新馬戦・萩S(L)。と2連勝し、朝日杯に挑戦しましたが、ドウデュースとセリフォスに負けての3着でした。
そして年が明けて今年の共同通信杯では7着と破れ、続くアーリントンCで復活の勝利をあげました。

そしてNHKマイルに挑戦しみごとG1制覇を成しとげました。

そこからは休養し、休み明けでむかえた前走富士Sではセリフォスとソウルラッシュに抜かれての3着という結果でした。

ここでその富士Sをもう一度振り返ってみます。

スタートは14番ゲートから普通に出て、中段前目からの競馬になりました。

レースは良馬場のなか平均Pで展開され、道中は15頭立ての8番手ぐらいを追走していました。

道中は折り合いバッチリ・手応えバッチリでマイペースで追走していました。

そして最終コーナーも馬なりのまま回って直線に入りました。

直線に入ると外からソウルラッシュ追い上げてきて、残り400mをきったあたりから一杯に追われ始めて叩き合いになりました。

最後は叩き合いに負けて、外からセリフォスに抜かれての3着でした。

 

このレースを見ると、最後の最後でダノンスコーピンは少しだけバテていた感じがしました。

スマイルくん
スマイルくん
やはりこれは休み明けの影響が出た感じだと思います。

 

今回は1週前追い切りで栗東坂路51秒というハードトレーニングをしていました。

動きはメチャクチャ良くて、叩いた上積みは十分ある感じです。

ただ、この馬も成長はしている感じですが、セリフォスの成長度合いの方が大きいと感じました。

あとは外差しの馬場傾向になりつつあることを考えると、末脚の爆発力もセリフォスの方が上とみました。

なので、3歳馬の2頭でどちらかを選ぶとしたらセリフォスという考えなので、今回は本命候補ではなくて馬券の相手までとしておきます。

 

 

広告

【マイルチャンピオンシップ22022年】ソウルラッシュを分析!

最後に、ソウルラッシュを分析します。

4歳牡馬で父がルーラーシップ(キンカメ系)
母父がマンハッタンカフェ(サンデーサイレンス系)

今回斤量が57キロですが、前走の富士Sを57キロで2着なので問題はなさそうです。

鞍上は松山騎手ですが、前走に引き続き2回目の騎乗です。

生産者はシモコウベ牧場さんですが、キセキやダノンシャークなどG1馬は4頭育てています。

●戦歴は「5-1-0-6」

●阪神芝は「1-0-0-0」

マイラーズc 1着

●芝1600mは「4-1-0-1」

完全にマイラーです

●重賞成績は「1-1-0-1」

マイラーズC 1着
富士S 2着

 

新馬戦を勝利したあとは、1勝クラスで⑥④⑥④⑦着と破れました。

そうして、ようやく1勝クラスを勝利したと思ったら、2・3勝クラスをいきなり勝利して3連勝しました。

そしてG2のマイラーズCに挑戦し、みごと勝利し4連勝をかざりました。

そのあとは安田記念に挑戦しましたが、これは13着と大敗してしまいました。

その後は休養に入り、休み明けで富士Sを使い2着と好走しました。

ここで参考レースとして、またまた富士Sを振り返ってダノンスコーピオンとセリフォスと比較してみたいと思います。

スタートは13番ゲートから普通に出て中段からの競馬になりました。

レースは良馬場のなか平均Pで展開され、道中は15頭立ての
8番手ぐらいを追走していました。

道中は少し促されながらダノンスコーピオンをマークする形で追走していました。

そして最終コーナー手前では手応えバッチリで追走できていて、馬なりのまま直線に入っていきました。

直線では凄い手応えでほぼ馬なりで突き進み、残り200m手前で一杯に追われました

最後はセリフォスに抜かれましたが、ダノンには競り勝っての2着確保でした。

 

このレースでソウルラッシュは最後の直線で手応えが抜群に良かったです。

そしてダノンに競り勝つ根性も見せてくれました。

これを考えると重賞をもう一つは勝てる器だとも思いました。

スマイルくん
スマイルくん
ただ、この手応えでセリフォスの決め手に屈しています。

 

まー斤量が3キロ差あったのは確かですが、決め手勝負になるとパンチ不足という感じにみえました。

今回はセリフォスもいるし、なによりシュネルマイスターがいるので決め手勝負になったら勝てない気がします。

よって、強いとは思いますが、本命候補ではなく相手候補にしておきます。

 

【マイルチャンピオンシップ2022年】セリフォス・ダノンスコーピオン・ソウルラッシュを分析!【まとめ】

今回の分析をまとめると

本命候補にあげたのは

セリフォス の1頭のみにしました。

正直ダノンスコーピオンとかなり悩みましたが、成長度合いがセリフォスが上とみました。

そしてやはり最後の末脚が魅力的なので、成長したセリフォスとシュネルの末脚対決も楽しみです。

 

チャンピオンズカップ2022年の競馬予想の目次この記事は今週のJRA重賞レースの「チャンピオンズカップ2022年」に出走予定の馬達の記事をまとめた記事です。 目次から各項目に飛...

 

広告

気になる記事はこちら