チャンピオンズカップ

【競馬予想無料公開】ジャパンカップ2022年の競馬の穴馬予想!外国馬は買えるのかも分析します!

今回の記事は、11月27日(日)に東京競馬場で行われるジャパンカップに出走予定の馬達の中から穴馬を探して分析しました。

本命馬と違って馬券圏内に来て馬券的に魅力的な馬を探しました。

良かったら予想の参考にして下さいね

 

広告

【競馬予想無料公開】ジャパンカップ2022年の穴馬予想のポイント

 

この記事の内容を簡単に説明すると、単勝予想オッズ⑦人気以下の馬の中から馬券に絡みそうな穴馬を探すという内容です。

ただ今回はジャパンCということで、外国から参戦してくる馬が4頭います

よって、気になる外国馬の中で一番買いたい馬を発表して、あとの3頭は買えるか? 買えないか? を簡単に説明していきます。

次に、今回穴馬に上げたポイントとしたことが一つあります。

それは、

「走り方」

です。

これは何かというと、やはり外国馬は日本の高速馬場に合うかどうかが鍵になります。

よって、走るフォームから適正を見定めたいと思いました。

 

【競馬予想無料公開】ジャパンカップの穴馬予想!

 

それでは、気になる穴馬を発表します。

それは

オネスト 

 

です。

予想オッズでは8人気と外国馬のなかでは一番人気がありますが、普通にこの馬は強いと思いました。

それでは、オネストの簡単なデータを見ながら抜擢理由を説明していきます。

 

3歳牡馬で父がフランケル(サドラーズウェルズ系)
母父がシーザスターズ(グリーンデザート系)

 

フランケル産駒では、ソウルスターリングやグレナディアガーズなどが日本で活躍してますね。

この血統は、両方の3代前の母にアーバンシーがいて3×3の濃いインブリードが特徴です。

そしてこのアーバンシーはレガシーワールドが勝ったジャパンカップで8着している馬なので日本とは縁があるかもしれません。

 

スマイルくん
スマイルくん

関係ないですが、レガシーワールドは私の大好きな馬でした。

たしかケツデカ君だった記憶が・・・!

 

今回斤量が55キロですが、フランスでは58キロや58.5キロで競馬しているので、55キロは相当軽く感じるはずで怖いです。

鞍上はルメール騎手で最強の味方ですね。

馬主さんはフランスの人ですが、この馬主さんの馬でルメサンはフランスダービーを勝利しているので相性は良さそうです。

●戦歴は「3-2-0-3」

●G1成績は「1-1-0-2」

パリ大賞 1着
アイリッシュチャンピオンS 2着

●芝2400mは「1-0-0-1」

パリ大賞 1着

●重賞成績は「2-1-0-3」

パリ大賞 1着
地元のG2 1着

 

新馬戦を勝利したあとに、ダート戦で2着、そして芝のG3で8着と破れました。

続くフランスG2を使い勝利しました。

この勝利は、最後の末脚が別格でなんどやっても負けないぐらいの勝ち方でした。

続くフランスダービーは5着でしたが、続くG1パリ大賞を勝利しG1馬となりました。

このパリ大賞は2着がJCに出てくるシムカミルでしたが、レベル差は明らかだったと思います。

続いてG1アイリッシュチャンピオンSを使い、ルクセンブルクに叩き合いで負けて2着でした。

そして前走は凱旋門賞に挑戦し10着と大敗しました。

しかし、凱旋門賞は馬場が悪すぎなので無視して良いと思います。

オネストは今まで、芝の良馬場で走ったことがないですが、良馬場でこそ走るイメージの馬だと思いました。

ここで参考レースとして、アイリッシュチャンピオンSの最後の方を見てみます

道中は内ラチ沿いのインコース中団を追走していました

そして道中はメンバー中で一番手ごたえが良い走りでした。

そして、残り500mを切ったあたりから追われ始めました。

最後は勝ったルクセンブルクと叩き合いになりましたが、最後は1/2馬身抜かれての2着でした。

 

2着でしたが勝ったのが凱旋門賞④人気で7着のルクセンブルク

そして3着だったのが凱旋門賞2着のヴァデニなので、これらと同じようなレベルなので強いと思いました。

ちなみに4着はミシュリフでしたが、ドバイターフでクロノジェネシスやラヴズオンリーユーに勝った馬でした。

スマイルくん
スマイルくん
これらを考えると、レベル的にはヨーロッパでもトップクラスの馬だとわかります。

 

あとは凱旋門賞もそうですが、オネストは良馬場で走ったことがない馬です。

今週の追い切りの動きを見ましたが、フットワークはかなり素軽くて、バネがある走りでした。

これは素人の私の目線なので信じるか信じないかはあなた次第ですが、

スマイルくん
スマイルくん
オネストは日本の芝は走ると思いました。

 

あとは東京競馬場は土曜日に雨予報なので、日曜は晴れても少しは時計がかかる馬場になるとみました。

なので余計にオネストには馬場が合いそうな気もします。

心配な点は馬体重が455キロぐらいで、調教を見たらスレンダー系の馬体でした。

これが輸送のせいなのかがわかりませんが、体調が普通だったら怖い一頭だと思いました。

鞍上がルメさんだし、日本の芝は走りそうなフットワークなので馬券には入れておきたいと思い、穴馬に抜擢しました。

次は他の外国馬の私の見解を発表します。

まず、昨年5着のグランドグローリーです。

どうやら引退後は社台ファームの馬になるそうで、レース後は日本に滞在するようです。

なので、怪我されたら契約破棄になるので、今回は怪我しないような仕上げだと思います。

よって割引が必要だと思いました。

 

次に、ドイツで強い勝ち方をしているテュネスです。

前走はドイツG1を10馬身差の圧勝ですが、中2週で日本遠征なのと、やはり日本の高速馬場適正がなさそうなので割引が必要だと思いました。

 

最後に、シムカミルです。

オネストよりは力は劣る感じですが、狙うならこの馬だと思いました。

理由は、オネストに負けたレースと、前走のドウデュースに勝ったニエル賞を見ると、根性がある馬で、1枠から先行したら粘る可能性があると思いました。

外国馬で一番人気がないので面白いと思いました。

 

広告

【競馬予想無料公開】ジャパンカップの穴馬予想!【まとめ】

まとめると

外国馬で買いたいのは

オネスト
シムカミル

の2頭です。

チャンピオンズカップ2022年の競馬予想の目次この記事は今週のJRA重賞レースの「チャンピオンズカップ2022年」に出走予定の馬達の記事をまとめた記事です。 目次から各項目に飛...

 

広告

気になる記事はこちら