競馬

フェブラリーステークス2021年のアルクトスの1週前追い切り診断!中1週だが大丈夫か?

今回はフェブラリーステークス2021年に出走予定のアルクトスの1週前追い切りを診断していきます。

根岸Sから中1週だが調子はどうなのかが心配ですよね!

じっくりと追い切り診断していきます。

良かったらお楽しみ下さい!

 

広告

フェブラリーステークス2021年のアルクトスの1週前追い切り診断!

 

次は、アルクトスを診断していきます。

美浦南B 良馬場で単走で追い切られました。

鞍上には助手さんが乗り、馬なり調教でした。

調教時計

5F 70.5
3F 41.4
1F 12.9

という時計でした。

 

中1週の競馬なので軽めでしたが、大きな完歩の走りで後ろ足のケリが強かったです。

前に進もうとするフォームがダイナミックで仕上がりは良い感じでした。

今回は軽めでしたが、本追い切りでどんな動きをするかが楽しみです。

評価はBです。

 

広告

フェブラリーステークス2021年のアルクトス陣営のコメントは?

 

次は、前走の根岸Sのレース後の田辺騎手のコメントを紹介します。

「調教では重めだったが、本番前と考えれば思ったよりいい競馬ができた。今回のレースが、次に生かせれば」

 

 

広告

フェブラリーステークス2021年のアルクトスのSNSの反応は?

 

にゃんこ
にゃんこ
過去、フェブラリーもチャンピオンも
9着。今回は9着の呪縛から
解き放たれるか
そもそも人気=着順の通り走るイメージなんよな基本。
わんこ
わんこ
アルくん
調子良さそう(^-^)
楽しみだなぁ!
みれい
みれい
こりゃ、大チャンスやね
元々強い馬ですし、前走の内容も悪くない
中央G1勝つなら今回しかない

 

広告

フェブラリーステークス2021年のアルクトスの1週前追い切り診断!中1週だが大丈夫か?【まとめ】

前走を叩いて良くなってくること間違いなしだと思います。

調教も良いフットワークで軽快でした。

本追い切りをしっかりチェックしたいと思います。

広告

気になる記事はこちら