テレビ

【スッキリ】小1女子が書いた作文がツイッターで話題!ゆかなちゃん7歳!【4月8日】

4月8日に放送のスッキリで小学1年生の書いて作文が話題になりました。

今回の記事はその作文の中身を紹介します。

なんとこの作文は今ツイッターで話題になっています。今のうちに作文を読んでおいて話題に乗った方がいいですよ!

 

広告

【スッキリ】小1女子が書いた作文がツイッターで話題!その内容を紹介

 

★それでは気になる作文を紹介します。

今日は学校で作文かきます。思いつかないどうしよう。みんな書いてる。私はどうかな。書いてない。「先生助けて、お願いね。」助けてくれないどうしよう。他にも書いてない人いるかなあ。

考えていないのに頭が痛い。なんでかな。もうすぐで3時間目が終わっちゃう。居残りになりたくないよ。どうしよう。

もう一生作文書きたくないよ。ともしび読もうかどうしよう。どうしよう。あと5分で終わっちゃう。

あ、そうだ。今の気持ちを作文に書こう。でも時間がないんだよ。どうしよう。書けないのは、嫌だよ。

そう思っていたら先生来たよ。嬉しいな、と思ったら、「なんで題名も名前も書いてないの」と怒られた。

そうすると私のこころは「どうしよう。はぁ、最悪だ。」と、私は心の中でつぶやいた。

どうしようの気持ちが心のなかに一杯だよ。お願い、神様、幸運を。

よし、頑張って書くぞ。作文を。疲れたなんて言ってられない。あと、1分頑張らないと。

ふー、ふー。どうしよう。どうしよう。

私は思ったよ。宿題にすればいいんだよ。

先生にダメっていわれた。どうしよう。どうしよう。だからって書かないのはダメダメだ。

「終わりでーす。」

あー。どうしよう。こうなったら正直に先生に言おうか、考えよう。それか友達に相談しよう。

作文ってこんなに難しいものなんだなあ。友達にアドバイスもらったよ。

すると友達が言った。

「どうしようって考えているなら、題名は「どうしよう」でいいんじゃないかな。」

 

★次はこの作文に対する先生の反応を紹介します。

りょうま
りょうま
「考えていないのに頭が痛い」という表現おもしろいね。まるで本当のお話みたいです!

 

いや~。この女の子は凄くないですか!?

この作文の最初の3行目ぐらいからは、全て想像で書いたそうです。

小学1年生なのに想像力が凄すぎですよね。 きっと本をたくさん読んでいて、イメージする力が相当あるんだと思います。

将来は小説家になる予感が!

日本の教育はイメージ力を大切にしていないと感じるので、こういう小学生がいると嬉しくなりますね。

次はこの話題の作文に対するSNSの反応を紹介します。

広告

【スッキリ】小1女子が書いた作文がツイッターで話題!ゆかなちゃん7歳へのSNSの反応は?

 

にゃんこ
にゃんこ
作文書けない文才が凄い。
将来ブロガーになりそうw
わんこ
わんこ
天才かな?
はむきち
はむきち
あの作文が書けない作文、ほぼ想像だったのか!先生コメも納得してできた。インタビューしなきゃわからなかったわね。すごい
広告

【スッキリ】小1女子が書いた作文がツイッターで話題!ゆかなちゃん7歳!【4月8日】【まとめ】

7歳の子の素晴らしい発想力には感激します。

人間柔軟な思考を忘れてはいけないと痛感しましたね。

広告

気になる記事はこちら