色々

東京新聞杯2022年のファインルージュを分析!一発あるぞ

今回の記事は東京新聞杯2022年に出走予定のファインルージュを分析していきます。

そして本命候補としてピックアップできるかを考えていきます。

良かったら予想の参考にしてください。

 

広告

東京新聞杯2022年のファインルージュを分析

 

それではファインルージュを分析します。

4歳牝馬で父がキズナ
母父がボストンハーバー(シアトルスルー系)

 

今回斤量が55キロです。

スマイルくん
スマイルくん
同じ牝馬のマルターズディオサやディアンドルが56キロなので断然有利な感じです。

 

鞍上はルメさんですが、前走秋華賞2着の時に引き続いての今回が4回目の騎乗です。生産者はノーザンファームです。

 

戦歴は「3-2-1-1」

東京芝は「1-0-0-1」で
未勝利戦(1400m)を勝利しています。

芝1600mは「1-0-1-0」
G3フェアリーSを勝利、桜花賞3着があります。

重賞成績は「2-1-1-1」で
フェアリーS(G3)
紫苑S(G3)
を勝利しています。

 

新馬戦は2着でしたが、続く未勝利戦を2馬身差で勝利しました。続くフェアリーSでは2着に2馬身半差をつける完勝でした。

そして桜花賞に挑戦しましたが、ソダシの3着と惜しい結果でした。そして休養に入ったましたが、昨年9月の紫苑Sで復帰し、見事に勝利しました。

そして前走の秋華賞はアカイトリノムスメに最後届かずの2着という結果でした。

スマイルくん
スマイルくん
しかし秋華賞はスローの展開のアヤがあるので気にしなくて良いと思います。

 

上りは最速の脚を使っていて最後もう少し距離があれば抜かしていた勢いでした。

改めて強い馬だと感じました。

ここで参考レースとして、今回と同じマイル戦で3着だった桜花賞を振り返ってみます。

スタートは2番ゲートから普通に出て中団からの競馬になりました。

レースは良馬場のなか平均Pで展開され、道中は18頭立ての8番手を追走していました。

道中は折り合いバッチリでソダシのすぐ後ろをマークする形で追走していました。

そして最終コーナーを最内で馬なりで周り直線に入りました。

直線入口ではソダシとの差が2馬身差で末脚比べでしたが、なかなかソダシも止まらずに結局ソダシとは1馬身ぐらいの差しか詰められなかったです。

そして最後はサトノレイナスの鬼脚に抜かれての3着でした。

 

このレースはレコード決着という高速馬場でのレースでした。そしてファインルージュはソダシを完全マークする形でしたが、高速馬場のスピードを苦にせずに追走できていました。

これを考えると東京開催2週目の早い時計のマイル戦決着にも対応できるスピードはあります。

 

そして、サトノレイナスのようなメチャクチャ切れる脚はないですが、前目のポジションから競馬できるセンスもあり、そこから切れる末脚を使えるのはかなりの武器になると思います。

1週前追い切りも良い動きをしていて休み明けの心配はなさそうです。

ここは2着以内はあるとみて本命候補にはあげないといけない馬だと思います。

 

※尚、ファインルージュの1週前追い切りの内容はコチラを見て参考にしてみてください

東京新聞杯1週前追い切り診断

広告

東京新聞杯2022年のファインルージュに対する皆のコメント

 

まずはファインルージュの掲示板でのコメントを紹介します。

にゃん
にゃん
普通にルメール 勝つと思う この馬抜けてる

 

わんこ
わんこ
個人的に大好きな馬。勝ち負け関係なく買います

 

はむきち
はむきち
秋華賞のレベルにそもそも疑問。
父キズナでこの母系だとスピード足りない。

 

次はTwitterでの投稿を紹介します。

 

スマイルくん
スマイルくん
コメントを見ているとファインルージュの意見は2分している感じですね。 私は普通に強いと思いますね

 

広告

東京新聞杯2022年のファインルージュを分析【まとめ】

今回、私はファインルージュを本命候補にあげさせていただきました。

カラテも人気になりそうですが、今回はファインルージュを上とみています。

 

東京新聞杯2022年の1週前追い切り診断!予想オッズ上位馬分析しました東京新聞杯2022年が2月6日(日)に東京競馬場で行われます。 今回の記事は、東京新聞杯に出走する有力馬の1週前追い切り診断をして...

 

広告

気になる記事はこちら