色々

【競馬予想無料公開】高松宮記念2022年のグレナディアガーズを分析!

今回の記事は高松宮記念2022年に出走予定のグレナディアガーズを分析していきます。

そして本命候補としてピックアップできるかを考えていきます。

良かったら予想の参考にしてください。

 

 

広告

【競馬予想無料公開】高松宮記念2022年のグレナディアガーズを分析

 

それでは、グレナディアガーズを分析します。

4歳牡馬で父がフランケル(サドラーズウェルズ系)
母父がハーリントン(ファピアノ系)

 

今回斤量が57キロですが、NHKマイルを57キロで3着してるので大丈夫だと思います。

スマイルくん
スマイルくん
ただ、馬体重が460キロ台で馬体が筋肉モリモリの馬なので、基本的に小さい馬という感じなので57キロは応えるかもしれないとうい気もしています。

 

鞍上は福永祐一騎手ですが、今回が初騎乗です。いつもは川田騎手が乗っていましたが、川田騎手はドバイに行く関係での乗り代わりだと思います。

ただ、1週前調教で騎乗していて手応えは確かめています。生産者はノーザンファームです。

戦歴は「3-2-2-2」

中京芝は「0-1-0-1」で

ファルコンS 2着

芝1200mは今回が初めてです。

しかし、スピードがある馬で走るフォームからすれば1200mでも全然大丈夫とみています。

重賞成績は「2-1-2-1」で

一昨年の朝日杯(阪神マイル)
前走阪神カップ(1400m)を勝利しています。

ちなみにG1成績は

朝日杯 1着
NHKマイル 3着
マイルCS 13着

 

一昨年の朝日杯はステラヴェローチェの追撃を振り切って勝利しました。続くファルコンS(中京1400m)はルークズネストに頭差の2着と負けました。

そしてNHKマイルに挑戦しましたが、シュネルマイスターに2馬身半差の3着と完敗しました。そして休養に入り、休み明けの京成杯AHでは3着という結果でした。そしてマイルCSに挑戦し13着と大敗をしてしまいました。

この頃から少しマイルは長いのかな? というイメージも湧いてきました。

 

そして前走、昨年12月に阪神カップ(1400m)戦を使い、2着のホウオウアマゾンに1馬身半差をつけて勝利しました。

ここでその阪神カップを振り返って1200mという距離について行けるかを分析していきます。

スタートは12番ゲートから普通に出て、促されながら後方から中段にあげていく競馬になりました。

レースは良馬場のなか平均Pで展開され、道中は18頭立ての10番手を追走していました。

道中は中団後方を手応えバッチリで追走していました。

そして残り500mぐらいから追われ始め、最終コーナーを大外をまわして直線に入りました。

そして直線では届かないと思う位置から上り最速の脚を使い、そのまま突き抜けて勝利しました。

 

 

このレースはスタートから少しモタモタしていましたが、元々は前に行きたがる気性の馬なので休み明けの影響があったように感じました。

スマイルくん
スマイルくん
しかしすぐにポジションをあげて楽に追走していので、1200mのスピードにも対応できると思います。

 

そして圧巻だったのが最後の直線の脚でした。大外をまわしての直線勝負でしたが、正直届かないと思った位置から差し切っていました。しかも残り200mからの伸び方もかなり凄かったです。

上りが2番目に早い脚を使っていたタイセイビジョンと比べると、残り200mから明らかにもう一伸びして差を広げていました。

スマイルくん
スマイルくん
これを見るとグレナディアガーズは成長しているなと思いました。

 

昨年の競馬をみると安定力に欠けるという印象でしたが、この競馬を見ると気性も成長して強くなっている感じです。あとは週末の雨ですが、フランケルのサドラー系で筋肉モリモリのパワー型なので心配いらないと思います。

よって、展開しだいでは一発あっておかしくない馬に成長したと思うので、

本命候補にあげさせていただきます。

 

 

広告

【競馬予想無料公開】高松宮記念2022年のグレナディアガーズを分析!【まとめ】

前走の阪神Cの最後の末脚は一頭抜けている感じがしました。

元々気性が前向きな馬で1200mのペースにも対応できると思います。

前走で成長している姿も見れたので、今回初めての1200mで最強の姿を見れる場面もあるかもしれません。

よって本命候補にあげさせていただきます。

【競馬予想無料公開】高松宮記念2022年のレシステンシアを分析!今回の記事は高松宮記念2022年に出走予定のレシステンシアを分析していきます。 そして本命候補としてピックアップできるかを考えてい...
【競馬予想無料公開】高松宮記念2022年のメイケイエールを分析!今回の記事は高松宮記念2022年に出走予定のメイケイエールを分析していきます。 そして本命候補としてピックアップできるかを考えてい...
広告

気になる記事はこちら