色々

【ヴィクトリアマイル2022年】ソングライン・ファインルージュ・レシステンシアの追い切り診断!

ヴィクトリアマイル2022年が5月15日(日)に東京競馬場で行われます。

今回の記事は、ヴィクトリアマイルに出走する

ソングライン
ファインルージュ
レシステンシア

追い切り診断をしていきます。

良かったら競馬予想の参考にしてください。

 

 

広告

【ヴィクトリアマイル2022年】ソングラインの追い切り診断!

 

次は、ソングラインを診断していきます

美浦Wコースの良馬場で2頭併せで追い切られました。鞍上には津村明秀騎手が乗り、終始馬なりの追い切りでした。

調教時計は

5F 69.1
3F 38.5
1F 11.6

 

併せた相手は古馬1勝クラスの馬でしたが、一杯に追われた相手に対して2馬身ぐらいの先着でした。凄くゆったりなのですが素軽いフットワークでコーナーを回ってきました。

スマイルくん
スマイルくん
軽く走っていますが走りに力みがなく精神的に成長している感じで大人の雰囲気が感じられました。

 

そして、直線で手前をスムーズに変えると、馬なりのままですがスッと加速していき気合いが入っている走りをしていました。終始鞍上の手は抑えていましたが、追ったらもっと加速する勢いの走りで好印象です。

昨年のNHKマイルの時より良くなっていると思いました。

評価はAです。

 

 

広告

【ヴィクトリアマイル2022年】ファインルージュの追い切り診断!

 

次は、ファインルージュを診断していきます

美浦Wコースの良馬場で3頭併せで追い切られました。鞍上には助手さんが乗り終始馬なりの調教内容でした。

調教時計は

5F 69.5
3F 39.3
1F 11.5

 

併せた相手は古馬3勝クラスの馬でしたが、馬なりの相手に対して最後は併入でした。先週6ハロンで追い切っているので、今週は5ハロンで軽めの追い切り内容でした。

いつも通り3頭併せの真ん中で凄くゆったりとした走りでコーナーを回ってきました。動きはフットワークが軽く、前脚の使い方にも力づやさがあって秋華賞2着の時と変わらないデキだと思いました。

スマイルくん
スマイルくん
ただ、軽めということで少し行きたがっている場面が少しあり、手前替えをしてないようにも見えました。

 

ここらへんは他の馬のかげで見にくかったので何とも言えないのでご了承ください。ただ、動きと気合の面は良かったと思います。

 

ただ何か違和感があったので評価はBとしておきます。

 

 

広告

【ヴィクトリアマイル2022年】レシステンシアの追い切り診断!

 

最後に、レシステンシアを診断していきます

栗東坂路コースの良馬場で単走で追い切られました。鞍上には助手さんが乗り最後は一杯に追われました。

調教時計は

800m 51.2
400m 24.2
200m 12.0

 

鞍上がガッツリと手綱を抑えながら、ゆったりと坂路を駆け上がってきました。そして鞍上が抑えていたのですが、しっかりと制御できていて今回マイルに距離が伸びても折り合いは大丈夫そうです。

スマイルくん
スマイルくん
3歳の時のNHKマイルの頃より操作性は良くなっています。

 

そして馬なりのままですが、ゴールが近くなると動きに切れがでて加速して迫力満点でした。

最後の方で少しの間だけ一杯に追われましたが、しっかりと指示に反応して加速してゴールを駆け抜けていました。

高松記念の時も悪くはなかったですが、今回はより良くなっているという印象でした。

 

よって評価はAです。

 

 

広告

【ヴィクトリアマイル2022年】ソングライン・ファインルージュ・レシステンシアの追い切り診断!【まとめ】

今回の評価をまとめると

ソングライン A評価
ファインルージュ B評価
レシステンシア A評価

となりました。

レシステンシアは前走の高松宮記念よりも良くなっている感じでレースが楽しみです。

 

 

オークス2022年の競馬予想の目次この記事は今週のJRA重賞レースの「オークス2020年」に出走予定の馬達の記事をまとめた記事です。 目次から各項目に飛べますので、...
広告

気になる記事はこちら