色々

共同通信杯2022年のアサヒを分析!東スポ杯2着の実力は・・・?

今回の記事は共同通信杯2022年に出走予定のアサヒを分析していきます。

そして本命候補としてピックアップできるかを考えていきます。

良かったら予想の参考にしてください。

 

 

広告

共同通信杯2022年のアサヒを分析

 

それでは、アサヒを分析します。

3歳牡馬で父がカレンブラックヒル(父父がダイワメジャーのSS系)
母父がデインヒル(ダンジグ系)

 

今回斤量が56キロですが、今回初めて背負う斤量です。

スマイルくん
スマイルくん
ただし、馬体重が500キロ近くあるので問題はないと思います。

 

鞍上は田辺騎手ですが、3戦連続騎乗中で今回が4回目の騎乗です。田辺騎手は先週東京新聞杯を勝っているので調子が良さそうですね。

生産者はノーザンファームです。

 

 

戦歴は「1-3-0-0」

東京芝は「1-2-0-0」

芝1800mは「1-3-0-0」
全てのレースで1800mを使っています。

重賞成績は「0-1-0-0」で
東スポ杯で2着しています。

 

新馬戦は東京1800mを使いましたが、ジオグリフに負けての2着でした。続く未勝利戦も2着し、3戦目の未勝利戦を勝利しました。

そして前走の東スポ杯では、最後イクイノックスに抜かれましたが2着を確保していました。ここでその東スポ杯を振り返って能力がどれぐらいあるかを分析してみます。

スタートは3番ゲートから普通に出て、中団に下げました。

レースは良馬場の中スローPで展開され、動中は12頭立ての6番手を追走していました。

道中は折り合いはついてい問題なしの追走でした。

そして、残り600mでも手越えバッチリで最終コーナーを馬なりで回ってきました。

直線に入ると追われ始めましたが、少しの間前が壁で進路を探す時間がありました。

そして進路ができると突き抜けていきましたが、イクイノックスと叩き合いになり、最後は完全に力負けの印象で2着までが精一杯でした。

 

このレースは最後にイクイノックスに完敗でしたが、どうもアサヒは最後の最後で失速するクセがあるように思えます。

新馬戦の時には最後ジオグリフに抜かれているし、未勝利戦も叩き合いで完全に負けていました。

能力はあるのはわかりますが、まだ精神的に問題があるようにも思えました。

 

得意の東京1800m戦なので最後は伸びてくるとは思いますが、勝ちきるまでの印象が湧いてきません。

東スポ杯からの成長があれば面白そうですが、これは追い切りの動きなどをみて判断したいと思います。

現時点では本命候補にあげますが、ダノンスコーピンの次の候補という感じの立ち位置にしておきます。

 

 

広告

共同通信杯2022年のアサヒに対する皆のコメント

 

それではアサヒの掲示板にあるコメントをいくつか紹介します。

 

にゃん
にゃん
ジオグリフ57キロ? じゃあこっちかな。

 

はむきち
はむきち
戦績より遥かに能力を買ってる馬だから、成績好調で従来の期待値以上に人気になりそうな田辺でも目を瞑る。

 

わんこ
わんこ
今までそんなに成績大崩れしていないし、前回も東スポ杯は正直こればっかりは相手が悪かったかなぁと
そんな中よく2着に粘った
実力もしっかりあるはずだから期待したいね

 

 

広告

共同通信杯2022年のアサヒを分析【まとめ】

今回はアサヒの評価は少し割引にしました。

どうも最後の一踏ん張りがないきがしてしょうがないです。

もっと成長したら面白い馬と思うので、このレースでどれだけ成長しているかが楽しみです。

 

共同通信杯2022年のダノンスコーピオンを分析!G1で3着は本物か?今回の記事は共同通信杯2022年に出走予定のカラテを分析していきます。 そして本命候補としてピックアップできるかを考えていきます。...

 

共同通信杯2022年のジオグリフを分析!1800mに戻り末脚炸裂か!?今回の記事は共同通信杯2022年に出走予定のジオグリフを分析していきます。 そして本命候補としてピックアップできるかを考えていきま...

 

共同通信杯2022年のダノンベルーガ!アバンチュリエ!アケルナルスターを分析!今回の記事は共同通信杯2022年に出走予定のダノンベルーガ!アバンチュリエ!アケルナルスターの3頭を分析していきます。 そして本命...

 

広告

気になる記事はこちら