色々

共同通信杯2022年のダノンスコーピオンを分析!G1で3着は本物か?

今回の記事は共同通信杯2022年に出走予定のカラテを分析していきます。

そして本命候補としてピックアップできるかを考えていきます。

良かったら予想の参考にしてください。

 

広告

共同通信杯2022年のダノンスコーピオンを分析

 

それでは、ダノンスコーピオンを分析します。

3歳牡馬で父がロードカナロア
母父がスライゴ・ベイ (サドラーズウェルズ系)

 

今回斤量が56キロですが、初めて背負う斤量です。

鞍上は川田将雅騎手ですが、過去2回騎乗していて乗り慣れています。

生産者はケイアイファームですが、ロードカナロアやダノンプレミアムなどのG1馬を輩出しています。

はむきち
はむきち
ちなみに昨年の生産者ランキングは16位でした。

 

戦歴は「2-0-1-0」

東京芝は今回が初めてです。

芝1800mは「1-0-0-0」で
萩S(L)を勝利しています。

重賞成績は「0-0-1-0」で
前走の朝日杯で3着しています。

 

新馬戦は阪神1600m戦を使い勝利しました。
続くリステッド競争の萩S(阪神1800m)では2着のキラーアビリティにクビ差で勝利しました。

スマイルくん
スマイルくん
そのキラーアビリティはG1ホープフルSの勝ち馬なので、この勝利は評価できます。

 

そして前走の朝日杯では、2着のセリフォスに1/2馬身差と惜しい3着でした。ここでその朝日杯を振り返ってみて実力がどれぐらいあるかを分析したいと思います。

スタートは7番ゲートから普通に出て、前目の位置を取りました。

レースは良馬場のなか平均Pで展開され、道中は16頭立ての8番手を追走していました。

道中は最初前にいましたが鞍上がおさえていて中団へ下げていました。

残り600mぐらいで手綱を緩められて追走し、最終コーナーを追われながら回ってきました。

直線に入ると前が壁になり進路がなくなり、外に出すロスがありました。

そこからはまた伸びて最後は3着という結果でした。

 

このレースはスタート直後に前にスッと出ましたが、鞍上が抑えにいって中団までさげました・

レースラップを見ると最初の2ハロン目3ハロン目が早いラップなので、このペースを読んだ松山騎手の好騎乗が最後の伸びにもつながった印象です。

 

あと、最後の直線では前が壁になっていて外に大きく進路変更していました。

残り400mのレースラップが早かったので、ここで流れに乗れなかったのが最後届かなかった敗因だと思います。

スマイルくん
スマイルくん
もし前に進路があったら突き抜けていたようにも感じる勢いだったので悔やまれます。

 

ということで能力は朝日杯を勝手もおかしくない器だったと思います。

少し仕上がりが不安ですが、

ここでは本命候補からは外せないと思います。

 

 

広告

共同通信杯2022年のダノンスコーピオンに対する皆のコメント

 

次はダノンスコーピオンの掲示板のコメントを紹介します。

にゃん
にゃん
脚元があまり良くないっぽく、中間プール調教してるのがどう出るか

 

はむきち
はむきち
共同通信杯を勝ってしまえば皐月賞かダービーの
どちらかは獲れるだろうという気がする^

 

わんこ
わんこ
まー松山でよかった気もするがダノックス安田川田で間違いはないだろう。

 

 

次はTwitterの投稿を紹介します。

 

スマイルくん
スマイルくん
やはりダノンスコーピオンの体調を気にされているコメントもありますね。 1週前追い切りは映像が見れませんでしたが、あまり良い雰囲気ではないような感じがしました。

 

広告

共同通信杯2022年のダノンスコーピオンを分析【まとめ】

ダノンスコーピオンの能力は確かなものはあると思いますが、仕上がりが不安な気がしますね。

最終追い切りをしっかり診断して決めたいと思いました。

 

共同通信杯2022年の1週前追い切り診断!今年は混戦ムードかな!?共同通信杯2022年が2月13日(日)に東京競馬場で行われます。 今回の記事は、共同通信杯に出走する有力馬の追い切り診断をしていき...
共同通信杯2022年のアサヒを分析!東スポ杯2着の実力は・・・?今回の記事は共同通信杯2022年に出走予定のアサヒを分析していきます。 そして本命候補としてピックアップできるかを考えていきます。...
共同通信杯2022年のダノンベルーガ!アバンチュリエ!アケルナルスターを分析!今回の記事は共同通信杯2022年に出走予定のダノンベルーガ!アバンチュリエ!アケルナルスターの3頭を分析していきます。 そして本命...
広告

気になる記事はこちら