色々

【オークス2022年】サークルオブライフ・スターズオンアース・ウォーターナビレラを分析!

今回の記事はオークス2022年に出走予定のサークルオブライフ・スターズオンアース・ウォーターナビレラを分析していきます。

そして本命候補としてピックアップできるかを考えていきます。そして結論としては後日発表予定の「本命予想」で本命馬と馬券の買い目を発表します。

良かったら予想の参考にしてください。

 

 

広告

【オークス2022年】サークルオブライフを分析!

 

まず、サークルオブライフを分析します。

3歳牝馬で父がエピファネイア(シンボリクリスエス系)
母父がアドマイヤジャパン(サンデーサイレンス系)

 

エピファネイア産駒では、一昨年のデアリングタクトがオークスを勝利しています。前走の馬体重が482キロでしたが、2走前のチューリップ賞から6キロ増えていました。

スマイルくん
スマイルくん
叩かれて筋肉がしっかりと付いた印象でした。

 

そして今回のフォトパドックを見ましたが、桜花賞の時より少しフックラしていて桜花賞の疲れがとれていそうです。鞍上はデムさんですが主戦騎手なので乗り慣れています。

しかもデムさんは過去6年のオークスで4回も馬券に絡んでいるので相性が良さそうで怖いです。

生産者は千代田牧場さんですが、ホエールキャプチャやダノンプラチナのG1馬を出しています。ちなみに生産者ランキングが只今15位で良い順位です。

●戦歴は「3-0-2-1」

●東京芝は「1-0-0-0」

アルテミスS(1600m) 1着

●芝2000m以上は今回が初めて

●重賞成績は「2-0-1-1」

アルテミスS 1着
阪神JF 1着
チューリップ 3着
桜花賞 4着

 

新馬戦で3着したあと、未勝利戦をキッチリ勝利し、アルテミスSを使い勝利しました。続いてG1阪神JFに挑戦し、みごと追い込んで勝利しました。

そして年が明け今年の3月にチューリップ賞を使いましたが、3着と敗れました。

スマイルくん
スマイルくん
このレースは明らかに桜花賞への叩きの一戦だったので3着という成績は気にしなくていいと思います。

 

そして桜花賞を使いましたが4着と敗れました。ただ前残りの展開で後方から上り最速の33.3秒の脚を使ったことは評価できると思います。

ここでその桜花賞を振り返ってみ敗因を考えてみます。

 

スタートは16番ゲートから出て、後方からの競馬になりました。

レースは良馬場のなか平均Pで展開され道中は18頭立ての13番手ぐらいを追走していました。

道中は折り合いバッチリ手応えバッチリで後方でじっとしていました。

そして最終コーナーも馬なりのまま手応え十分で回ってきました。

そして直線に入り残り400mぐらいで一杯に終われ始めましたが、前が止まらない展開で届かずの4着でした。

 

 

このレースは最後の600mから外目を回って直線に入りました。しかし、残り600mからのレースラップが早く、最後のラップも早い時計が出ていました。

スマイルくん
スマイルくん
これでは後ろから行った馬達は届かないのがあたり前です。

 

サークルオブライフは上り最速の33.3秒の脚を使ってましたが、上りが2番目に早い脚を使たピンハイは内ラチ沿いを走っての33.4秒というタイムでした。

これを考えると、外目を追走していたサークルオブライフの末脚が一枚上だったことは明らかです。そしてゴールでの勢いはサークルオブライフが一番ありました。

この末脚は今回のオークスの舞台である東京2400mではピッタリのイメージです。

 

あとは初めての距離が心配ですが、馬体を見るとお腹がしっかりしていて持続力がありそうな馬体です。しかも、桜花賞の時より馬体がフックラして良くなっている印象をウケました。

今回叩き3戦目で最高のデキになっている気もします。

よって、この安定した末脚は東京コースは絶対にあうと思いますので、本命候補に抜擢します。

 

 

【オークス2022年】スターズオンアースを分析!

 

次は、スターズオンアースを分析します。

3歳牝馬で父がドゥラメンテ(キンカメ系)
母父がスマートストライク(ミスプロ系)

 

母父のスマートストライク産駒の特徴としては、ダートの1800m以下の距離で活躍馬を出す傾向があります。そして芝2200m以上では出走頭数が少ないですが、勝ち馬を出したことがないです。

なので父のドゥラメンテの血が濃く出ているのかな? と血統が詳しくない私は思います。

前走の馬体重は470キロでしたが、今年、1月2月4月と使って馬体が減ってきているので、オークスでは減って欲しくないところです。鞍上はルメール騎手ですが、今回初騎乗です。

桜花賞は川田騎手でしたがオークスはアートハウスに騎乗予定です。生産者は社台ファームです。

 

●戦歴は「2-3-1-0」

●東京芝は「1-1-1-0」

未勝利戦(1800m) 1着
クイーンC(1600m)2着

●芝2000m以上は今回初めて

●重賞成績は「1-2-0-0」

桜花賞 1着(阪神1600m)
クイーンC 2着(東京1600m)
フェアリーS 2着(中山1600m)

 

昨年8月に新馬戦で2着したあと10月に未勝利戦を勝利しました。そして11月に1勝クラスを使いましたが、ナミュールとパーソナルハイに負けての3着でした。

そして年が明け、今年の1月にフェアリーS(中山マイル)を使いましたが、ライラックにクビ差の2着と負けました。

次は、クイーンs(東京マイル)を使いましたが、プレサージュギフトにクビ差の2着と負けて惜しい2着が続きました。

そして前走の桜花賞は初騎乗の川田将雅騎手を背にし、2着のウォーターナビレラにハナ差での勝利をあげました。ここでその桜花賞を見て勝因を考えてみます。

 

スタートは4番ゲートから普通に出て中段の位置をとりに行きました。

レースは良馬場のなか平均Pで展開され、道中は18頭立ての10番手ぐらいを追走していました。

道中は最初少しペースが速い区間で鞍上が促すところを見せながらの追走でした。

そして最終コーナー手前ぐらいから終われ始めコーナーをインよりで回ってきました。

直線に入ると少し前が壁になる場面がありましたが、残り300mぐらいから再び終われ始めました。

そして最後は隣の馬にボディーアタックされつつ根性で伸びてハナ差で勝利をあげました。

 

このレースはマイル戦でしたが、最初の600mで多少ペースが流れた時にスピード負けする場面がありました。そして最終コーナー手前から終われ始めていました。

スマイルくん
スマイルくん
これを考えると、けっこう長い間脚を使っていにもかかわらず最後までしっかりのびているので能力は高いことがわかります。

 

新馬戦から2戦を1800mを使っていたように、陣営もマイルは少し忙しと思っていたのかもしれません。

なので距離が2400mになるのはスピードの面では、いい方向に出そうです。そして最後の直線で他の馬がぶつかって来たのにひるむことなく走っていました。

スマイルくん
スマイルくん
この根性はタフな東京2400m戦では武器になると思いました。

 

距離はもつかはわかりませんが、桜花賞の走りを見ると持続力があって完成度も高そうな馬なので、3歳牝馬同士だったら好走可能とみています。

ただ馬体を見ると本質的には2400mは長いような気もします。そして今年既に4戦目で馬体が減って来てるのも心配です。

よって、ここは人気にもなりそうなので、本命候補にはあげずに馬券の相手候補にあげておきます。

 

 

広告

【オークス2022年】ウォーターナビレラを分析!

 

最後に、ウォーターナビレラを分析します。

3歳牝馬で父がシルバーステート(ディープインパクト系)
母父がキングヘイロー(リファール系)

 

父のシルバーステートは今年2年目の種牡馬で、データが少ないのですが、産駒の距離は2000m以下で活躍しているイメージがあります。

スマイルくん
スマイルくん
そして母がシャイニングサヤカですが、子供はダートの短いところで走りイメージです。

 

前走の馬体重が464キロで、2走前のチューリップ賞からマイナス14キロでした。これは明らかに桜花賞狙いの仕上げで、桜花賞が究極の仕上げとみて良いと思います。

なので今回、減ってきたら割引が必要かと思います。

生産者は伏木田牧場さんですが、ウォーターナビレラ以外の重賞勝ち馬は1頭います。ちなみに生産者ランキングは今年67位です。

 

●戦歴は「3-1-1-1」

●東京芝は初めて

●芝2000m以上は初めて

●重賞成績は「1-1-1-1」

ファンタジーS(阪神1400m)1着
阪神JF(阪神1600m)3着
チューリップ賞(阪神1600m)5着
桜花賞(阪神1600m)2着

 

 

新馬戦と1勝クラスのレースを連勝したあとG3ファンタジーSを使い勝利して3連勝しました。そして阪神JFを使いましたが、3着と惜しい結果でした。

そこから休養に入り、年が明け今年の3月にチューリップ賞を使いましたが、不利があって5着と敗れました。

スマイルくん
スマイルくん
しかし、このレースは桜花賞への叩き台の感じだったので評価できる5着だったと思います。

 

そして前走の桜花賞は、勝ったスターズオンアースにハナ差の2着と悔しい結果でした。

ここでその桜花賞を振り返って見ます。

 

スタートは6番ゲートから普通に出て、前の位置を取りに行きました。

レースは良馬場のなか平均Pで展開され、道中は18頭立ての2番手を追走していました。

道中は折り合いバッチリでスピード負けすることなく追走できていました。

そして最終コーナーも馬なりのまま手応えバッチリで回ってきました。

直線では残り400mぐらいで促され始め、それから一杯に追われ始めました。

そして内から3着だったナムラクレアに一旦並ばれて先頭にたちました。

しかし、残り200mで再びナムラクレアを突き放す走りでしたが、最後はスターズオンアースに抜かれてのハナ差の2着という結果でした。

 

このレースは、スタートからスピード十分で追走できていてました。いつもは行きたがる場面を見せる馬でしが、今回は折り合いに問題がない走りで凄い手応えで追走できていました。

そして残り600mからのラップも安定した早い時計を出して走り切っていました。この走りを見ると、やはりスピード競馬が合っていそうな馬で前の止まらないレースだというのも味方した感じがしました。

次は、この馬が2400mを走り切れるかを考えます。

スマイルくん
スマイルくん
結論から言うと、おそらく2400mはもたないと感じます。

 

この馬の目標はあくまでも桜花賞で、完全に仕上げて挑んだレースだったと思います。そして馬体も筋肉隆々でマイラーという馬体のようにも感じられます。

昨年のソダシも距離が長かったようにウォーターナビレラも気性の面も含め長いと見ています。

 

よって、本命候補にあげられませんし、調教しだいでは消しても良いと思います。

 

 

【オークス2022年】サークルオブライフ・スターズオンアース・ウォーターナビレラを分析!【まとめ】

今回の評価をまとめると

本命にあげられたのは、サークルオブライフの1頭だけでした。

サークルオブライフは後方待機で安定した末脚を使える馬です。2400mももちそうな感じなので、オークスがぴったりのイメージの馬だと思いました。

スターズオンアースは馬券圏内を外したことがない安定した高い能力をもっていると思います。しかし、展開が味方したら一発はあると思いますが、今回はサークルオブライフを上とみたので馬券の相手としました。

ウォーターナビレラは、基本的にスピード型なのでマイル以下で改めて狙いたい馬だと思います。

チャンピオンズカップ2022年の競馬予想の目次この記事は今週のJRA重賞レースの「チャンピオンズカップ2022年」に出走予定の馬達の記事をまとめた記事です。 目次から各項目に飛...

 

広告

気になる記事はこちら