色々

【宝塚記念2022年】タイトルホルダー・エフフォーリア・ディープボンド・デアリングタクト・パンサラッサ・アリーヴォの追い切り診断!

宝塚記念2022年が6月26日(日)に阪神競馬場で行われます。

今回の記事は、宝塚記念に出走する

タイトルホルダー
エフフォーリア
ディープボンド
デアリングタクト
パンサラッサ
アリーヴォ

の追い切り診断をしていきます。

良かったら競馬予想の参考にしてください。

 

 

広告

【宝塚記念2022年】タイトルホルダーの追い切り診断!

 

まず、タイトルホルダーを診断します。

美浦Wコースの稍重で2頭併せで追い切られました。鞍上には横山和生騎手が乗り終始馬なりの調教でした。

調教時計は

5F 67.7
3F 37.4
1F 11.2

 

併せた相手は古馬1勝クラスの馬でしたが、馬なりの相手に対して最後は併入でした。

先週に6ハロンでそこそこの時計を出す調教でしたので、今週は5ハロンで最後だけ伸ばす形でした。

スマイルくん
スマイルくん
凄くゆったりですが、折り合いに問題なく、素軽いフットワークでコーナーを回ってきました。

 

凄くリラックスしている走りで、チョンチョンと跳ねる感じで身体がかなり軽そうでした。

そして終始馬なりでしたが、最後は合わせていた相手に馬なりで追いついていて、時計も11.2秒と速かったです。

この動きを見ると天皇賞の疲れはないとみました。

そして自分のやるべき仕事を知っているかのように、大人に成長した感じもしました。

評価はAです。

 

 

【宝塚記念2022年】エフフォーリアの追い切り診断!

次は、エフフォーリアを診断します。

美浦Wコースの稍重で3頭併せで追い切られました。 鞍上には横山武史騎手が乗り終始馬なりの追い切りでした。

調教時計は

6F 85.0
3F 37.5
1F 11.1

 

併せた相手は古馬2勝クラスの馬でしたが、強めに追われた相手に対して最後は1/2馬身ぐらい先着でした。

今回初めてブリンカーをつけて調教したようですが、この効果が気になりますね。

結果を先にいうと、

スマイルくん
スマイルくん
全然走りが変わって良くなりました

 

競馬を始めたばかりの人がわかるようにブリンカーを簡単に説明しますが、

ブリンカーは視界を狭くして気持を走りに集中させる馬具です。

 

今回のエフフォーリアの調教は、ブリンカーをつけたことで走りに気合いが乗っている感じでした。手応えも前回より良くなっていて鞍上の手を引っ張るぐらい元気でした。

そして最後は馬なりのまま11.1秒という早い時計で相手を抜かしていました。この気合いがもどればレースでは力は出せる感じです。

エフフォーリアファンの人は安心していいと思いました。

 

評価はAです。

 

 

広告

【宝塚記念2022年】ディープボンドの追い切り診断!

次は、ディープボンドを診断します。

栗東CWコースの不良で単走で追い切られました。 鞍上には和田竜二騎手が乗り終始馬なりの内容でした。

調教時計は

6F 83.6
3F 37.1
1F 11.8

 

大きく力強いフットワークでゆったりとコーナーを回ってきました。直線に入るとスムーズに手前を変え、同じスピードを持続してゆったりと走っていました。

脚サバキは軽快で力づやさもある走りでした。

スマイルくん
スマイルくん
走りに柔らかさや伸びもあって調子が良さそうな感じでした。

 

最後まで持ったままですが、しっかりと最後まで伸びていて余力もありました。

調教時計はそこまで速くないですが、体幹がしっかりしていて柔らかい走りなので天皇賞の疲れはないように感じました。

レースでは力は出せると思いました。ただ、目立った強調材料がないので

 

評価はBとさせていただきます。

 

 

 

【宝塚記念2022年】デアリングタクトの追い切り診断!

 

次は、デアリングタクトを診断します。

栗東坂路コースの不良で単走で追い切られました。 鞍上には松山弘平騎手が乗り終始い馬なりの追い切り内容でした。

調教時計は

800m 54.9
400m 25.7
200m 12.3

 

先週がCWコースで長目の調教でしたので、今回は坂路で単走の軽めの調教でした。

スマイルくん
スマイルくん
軽めですが、フットワークは弾んでいて、脚サバキもキビキビして脚の送りも良かったです。

 

気になる右足の出し方なのですが、ヴィクトリアマイルの坂路調教の時より力強くなった印象を受けました。

 

これも私の勝手な味方なのですが、脚の使い方良かったころに戻ってきているのではないかと思いました。

そして、最後まで馬なり調教でしたが、凄く元気に走っていてスピード感も力強さもありました。

余力も十分あったのでヒョットしたら復活あるかもしれないと思いました。デアリングファンの人は安心していいと思います。

 

評価はAです。

 

 

広告

【宝塚記念2022年】パンサラッサの追い切り診断!

 

次は、パンサラッサを診断します。

栗東坂路コースの不良で単走で追い切られました。 鞍上には助手さんが乗り終始馬なりの調教内容でした。

調教時計は

800m 51.7
400m 23.8
200m 12.0

 

坂路の外ラチ側を素軽くキビキビした脚サバキで駆け上がってきました。凄く脚の回転力が高くてスピードにのっている走りで元気一杯に感じました。

調教時計は600m「36.8秒」400m「23.8秒」だったのですが、この日の全体の調教時計でかなり速い方の時計でした。

それを馬なりで出していて、軸もブレることなくしっかりとした体幹をしていました。

スマイルくん
スマイルくん
これを見ると、海外帰りの疲れの心配はないとみていいと思いました。

 

そして最後までしっかりとした足取りで余力もあったので最近の調子を持続している感じがしました。

逃げてどこまでもつかの馬ですが、元気一杯で好仕上がりだと思います。

評価はAです。

 

 

 

【宝塚記念2022年】アリーヴォの追い切り診断!

 

最後は、アリーヴォを診断します。

栗東坂路コースの不良で単走で追い切られました。 鞍上には助手さんが乗り終始馬なりの内容でした。

調教時計は

800m 54.0
400m 25.4
200m 12.2

 

凄くゆったりした脚サバキで坂路を駆け上がってきました。鞍上の手はガッツリと抑えたいましたが、指示通りにゆっくりと走っていたので操作性が良さそうな馬です。

そして途中で手前を変えると走りが変わりました。

スマイルくん
スマイルくん
脚サバキがパワフルになりスピードがアップしました。

 

そして真っすぐ一直線に走ってきていて、スピード感たっぷりで好印象の走りでした。走り方がパワフルな脚サバキなので力のいる馬場でも走りそうな感じがしました。

大阪杯3着が示すように、只今急成長中の感じがして面白そうな馬と思いました。

 

ただ評価はとしてはBまでとしておきます。

 

 

広告

【宝塚記念2022年】タイトルホルダー・エフフォーリア・ディープボンド・デアリングタクト・パンサラッサ・アリーヴォの追い切り診断!【まとめ】

調教の評価をまとめるとコチラです。

 

A評価が4頭も出ちゃいました。よって、今から調教で良かったベスト3を発表します。

 

第3位 パンサラッサ

元気一杯で好調は持続している感じでした。

 

第2位 タイトルホルダー

貫禄の調教という感じでいうことなしだと思います。

 

第1位 エフフォーリア

ブリンカー効果で調教での気合いが戻った印象でした

エフフォーリアは精神的な問題だけだと思うので、今回復活があってもおかしくない調教内容だったと思いました。

ファンの人は応援しちゃってください。

 

オールカマー2022年の競馬予想の目次この記事は今週のJRA重賞レースの「オールカマー2022年」に出走予定の馬達の記事をまとめた記事です。 目次から各項目に飛べますの...
広告

気になる記事はこちら