色々

【オールカマー2022年】デアリングタクト ・ソーヴァリアント・ヴェルトライゼンデを分析!

今回の記事はオールカマー2022年に出走予定のデアリングタクト ・ソーヴァリアント・ヴェルトライゼンデを分析していきます。

そして本命候補としてピックアップできるかを考えていきます。

そして結論としては後日発表予定の「本命予想」で本命馬と馬券の買い目を発表します。

良かったら予想の参考にしてください。

 

 

広告

【オールカマー22022年】デアリングタクトを分析!

 

まず、デアリングタクトを分析します。

5歳牝馬で父がエピファネイア(シンボリクリスエス系)
母父がキングカメハメハは(キングマンボ系)

 

今回の斤量は54キロですが、宝塚記念を56キロで3着してるので2キロへるのは魅力的です。

鞍上は松山騎手ですが、主戦騎手なので乗り慣れてます。

生産者は長谷川牧場さんですが、重賞勝ち馬はデアリングタクトだけです。

●戦歴は「5-1-3-1」

●中山芝は初

●芝2200mは「0-0-1-0」

宝塚記念 3着

●重賞成績は「3-1-3-1」

桜花賞
オークス
秋華賞

 

スマイルくん
スマイルくん
一昨年の桜花賞・オークス・秋華賞を勝利した無敗の3冠牝馬です。

 

秋華賞のあとはJCを使い伝説の3冠馬3頭対決をして2着のコントレイルにクビ差の3着でした。

そのあとは昨年の金鯱賞を使い2着、香港のQE2で3着しました。

そのあとは怪我で約1年休んでいて、今年の5月にいきなりヴィクトリアマイルを使い6着とマーマーの結果でした。

そして前走は宝塚記念を使い3着と好走しました。

ここでその宝塚記念を振り返ってみます。

スタートは7番ゲートから普通に出て中団からの競馬になりました。

レースは良馬場のなかハイPの展開で、道中は17頭立ての10番手ぐらいを追走していました。

道中は凄い良い手応えでスピード負けすることなく追走できていました。

そして最終コーナー手前で気合いを付けられ最終コーナーを追われながら回ってきました。

直線に入るとジリジリと伸びていき、上りが2番目に早い脚で3着に入りました。

 

このレースを見ると、やはり強いな! という印象でした。

タイトルホルダーには及びませんが、上位馬の中では一番後ろにいたのに、最後の直線だけで3着まで押し上げた末脚は評価できると思います。

長期休養明けからの2戦目で、昔の強さはないように思いますが、能力の絶対値が違うので3着にこれた印象でした。

今回のオールカマーのメンバーを見ると、G1級の馬がそれほどいないです。
なので全盛期の強さが落ちていたとしても馬券には絡みそうな感じです

 

初中山コースも、宝塚記念を好走してるし、これだけの馬なので気にしなくて大丈夫と思います。

心配な点は、前が止まらない今の中山コースで展開が向かない感じがします。

よって、本命候補にはあげますが、絶対的な存在までとはいかない評価です。

 

 

【オールカマー22022年】ソーヴァリアントを分析!

 

次に、ソーヴァリアントを分析します。

4歳牡馬で父がオルフェーヴル(サンデーサイレンス系)
母父がシンボリクリスエス(ロベルト系)

 

父ちゃんが違いますが、兄にソーグリッタリング、姉にデアリングタクトが勝った秋華賞2着馬のマジックキャッスルがいます。

今回の斤量は56キロですが、背負いなれているので問題はないです。

鞍上は川田騎手ですが、今回初騎乗です。

スマイルくん
スマイルくん
ちなみに1週前追い切りでは川田ちゃんが乗っていました。

生産者は社台ファームです。

●戦歴は「4-2-1-2」

●中山芝は「1-2-0-1」

未勝利戦 1着

●芝2200mは「1-2-0-0」

未勝利戦 1着・2着
セントライト記念 2着

●重賞成績は「1-1-0-1」

チャレンジC 1着
セントライト記念 2着

 

新馬戦で3着したあとは、未勝利戦を失格②①着しました。そのあとは弥生賞に挑戦しタイトルホルダーの4着でした。

そのあとは自己条件に戻り、1勝クラス2勝クラスと連勝しました。

そして昨年のセントライト記念に挑戦し、アサマノイタズラに負けての2着でした。

そして前走、昨年12月のチャレンジCを使い、2着のヒートオンビートに3馬身半差を付けての勝利をあげました。

ここでそのチャレンジCを振り返ってみます。

スタートは11番ゲートから普通に出て、前の位置を取りました。

レースは良馬場のなかスローPで展開され、道中は11頭立ての2番手を追走していました。

道中はかなり遅いペースでしたが、逃げた馬の後ろでマイペースで追走していました。

そして最終コーナーも馬なりで回っていき逃げていた馬を交して直線に入りました。

直線では危なげない走りで、上り最速タイの末脚で尽き抜けて勝利しました。

 

このレースは最初からスローPで最後の800mでペースが早くなっていくレースでした。

ソーヴァリアントは残り800mからのペースアップにも馬なりで抜群の手応えで追走していました。

スマイルくん
スマイルくん
そして、残り400mからのラップがメチャクチャ早かったです。

 

それも余裕の手応えで走っていました。

前半がかなり遅いペースということもありますが、最後は余力残しでのこのラップなので能力はかなり高いと思いました。

 

このレースでの脚質を見ると、やはり今の中山の前が止まらない馬場が味方になりそうな気がします。

中山2200mもセントライト記念で2着しているので問題ないし、先行力が武器なので勝ち負けできると思います。

よって本命候補にあげておきます。

 

 

広告

【オールカマー22022年】ヴェルトライゼンデを分析!

 

最後にヴェルトライゼンデを分析します。

5歳牡馬で父がドリームジャーニ―(サンデーサイレンス系)
母父がアカテナンゴ(エクリプス系)

 

スマイルくん
スマイルくん
父ちゃんが違いますが、兄にワールドプレミアやワールドエースがいます。

今回の斤量は56キロですが、57キロでG1好走してるので問題なしです。

鞍上は戸崎騎手ですが、今回が初騎乗です。

生産者はノーザンファームです。

●戦歴は「3-4-1-2」

●中山芝は「0-3-0-1」

●芝2200mは「0-2-0-0」

AJCC(中山)2着

●重賞成績は「1-4-1-2」

鳴尾記念 1着

<G1成績>
ホープフルS 2着
皐月賞 8着
ダービー 3着
菊花賞 7着

 

3年前の新馬戦とリステッドを連勝したあと、ホープフルSに挑戦しコントレイルの2着でした。

そして一昨年のスプリングsで2着したあと、皐月賞8着しました。

そしてダービーに挑戦し3着と好走し休養に入りました。

休み明けの一昨年の神戸新聞杯はコントレイルにまた負けての2着でした。

スマイルくん
スマイルくん
コントレイル世代だったので少し可哀相な気もしますね。

 

続いて菊花賞に挑戦し7着と負けてしまいました。

そして昨年のAJCCでは不良馬場のなかアリストテレスの2着と惜しい結果でした。

そのあとは約1年4か月休養していて、前走は今年6月の鳴尾記念を使い、なんと勝利していました。

ここでその鳴尾記念を振り返ってみます。

スタートは2番ゲートから普通に出て中段からの競馬になりました。

レースは良馬場のなかスローPで展開され、道中は10頭立ての5番手を追走していました。

道中は良い手応えで内ラチ沿いをスピード負けすることなく追走していました。

そして最終コーナーも良い手応えで馬なりで回って直線に入りました。

直線では少し窮屈な場面があり、残り300mでやっと一杯に追える状態でした、

そして残り200mをくって先頭にたちそのまま勝利しました。

 

このレースはスローPということもあり、長期休養明けにもかかわらず楽に追走できていました。

そして、最後の直線でもかなり良い手応えでした。

スマイルくん
スマイルくん
最後は上りが2番目に早い脚を使っていたのも評価できます。

 

ただ、このレースは最後は瞬発力勝負で位置取りの差が少し出た感じがしました。

2・3着馬には最後は詰められていたのが気になりました。

ただ長期休養明けを考えると、上出来という気もします。

ただ今回はデアリングタクトとだいたい同じ競馬をする感じがするので、末脚勝負になったら勝てないと思います。

よって、本命候補にはあげられませんでした。

 

【オールカマー022年】デアリングタクト ・ソーヴァリアント・ヴェルトライゼンデを分析!【まとめ】

今回の分析をまとめると、本命候補にあげられたのは

デアリングタクト
ソーヴァリアント

の2頭でした。

人気2頭ですが、しょうがないと思います。

あとヴェルトライゼンデは怖いと思いますが、長期休養明け2戦目なのでまだ馬券の相手までとしました。

スプリンターズステークス2022年の競馬予想の目次この記事は今週のJRA重賞レースの「スプリンターズステークス2022年」に出走予定の馬達の記事をまとめた記事です。 目次から各項目...
広告

気になる記事はこちら