色々

シルクロードステークス2022年の有力馬分析①!カレンモエとメイケイエールとビアンフェ

今回の記事はシルクロードステース2022年に出走予定の有力馬分析パート①を紹介していきます。

各馬を分析して本命候補としてピックアップできるかを考えていきます。

今回分析する馬達は

カレンモエ
メイケイエール
ビアンフェ

の3頭です。

良かったら予想の参考にしてください。

 

広告

シルクロードステークス2022年の有力馬分析!カレンモエ

6歳牝馬で父がロードカナロア
母父がクロフネ(ヴァイスリージェント系)です。

今回斤量が55キロですが、自己条件の時は55キロをよく背負っていましたが、オープン入りしてから54キロばかりです

 

スマイルくん
スマイルくん
1キロ増えるのは少し不安ですね

 

鞍上は松山Jですが、前走に引き続き2回目の騎乗です。

生産者は社台ファームです。

 

スマイルくん
スマイルくん
ネオユニヴァ―スやダイワスカーレットなどを輩出している名門さんです

●戦歴は「4-4-2-2」

●中京芝「1-0-0-1」で3勝クラスを勝利を勝利しています。

芝1200mの線は「4-4-2-2」で、全てのレースを1200m戦を使っています。

●重賞成績は「0-3-0-1」で

函館SS
オーシャンS
京阪杯 

で2着があります。

 

一昨年の8月に3勝クラスを勝利し、G3京阪杯に挑戦しフィアーノロマーノのクビ差2着と好走しました。

続くG3オーシャンSはコントラチェックにハナ差の2着とまたしても惜しい内容でした。

そして札幌コースの函館SSでもビアンフェにクビ差の2着という結果でした。

そして前走のG2セントウルSはレシステンシアに完敗の5着という結果でした。

 

ここでそのセントウルSを振り返ってみます。

スタートは11番ゲートから普通に出て、前目のポジションを取りました。

レースは良馬場の中ハイペースで展開され、道中は17頭立ての4番手を追走していました。

道中はハイペースにかかわらずスピード負けせずに余裕で先行できていました。

そして最終コーナーを気合をつかられながら回り直線に入りました。

直線では前にいたレシステンシアとクリノガウディ―がしぶとかったので捕らえられず、後ろから2頭に抜かれての5着という結果でした。

このレースは勝ち時計が「1:07.2」という高速馬場での決着でした。

そして、上り最速の脚を使ったのがジャンダルムで32.6秒という鬼脚でした。

ということは速い馬場が合わないと能力が発揮できない状態でした。

スマイルくん
スマイルくん
これを考えるとカレンモエは高速馬場は合わないことがわかります。

今の中京コースは荒れ気味なのでちょうどよい感じだと思います。

なのでちょっと時計がかかるのはカレンモエにとって好都合だと思います。

そして、セントウルSはハイペースの展開で後方からの馬に差された感じなので、そんなに気にしなくていいと思います。

 

安定した先行力は魅力的なので本命候補として上げておきたいと思います。

 

広告

シルクロードステークス2022年の有力馬分析!メイケイエール

 

次はメイケイエールを分析します。

4歳牝馬で父がミッキーアイル(ディープ系)
母父がハービンジャー(デインヒル系)

今回斤量が55キロです。

スマイルくん
スマイルくん
近2走が52キロ53キロだったので少し心配です。

鞍上は池添Jですが、前走に引き続き2回目の騎乗です。

生産者はノーザンファームです。

●戦歴は「4-0-0-4」

●中京芝コースは今回が初めて 

●芝1200mは「2-0-0-2」で

新馬戦
小倉2歳S

を勝利しています

●重賞成績は「3-0-0-4」で

小倉2歳S(小倉1200m)
ファンタジーS(阪神1400m)
チューリップ賞(阪神1600m)

を勝利しています。

 

一昨年の阪神JFではソダシの4着と敗れ、続くチューリップ賞は同着ですが勝利しました。

そして桜花賞に挑戦しましたが、18着と大敗しました。

そして、気性に問題があるのでスプリント路線に変更し、キーンランドCに斤量52キロで挑戦しました。

スマイルくん
スマイルくん
かし馬体が+20キロ増えていて7着と凡走しました。

 

そして前走のスプリンターズSでは、53キロの斤量で4着と好走していました。

ここでそのスプリンターズSを振り返ってみます。

スタートは6番ゲートから普通にでましたが、抑え込んで後方に下げました。

レースは良馬場のなか平均Pで展開され、道中は16頭立ての7番手ぐらいを追走していました。

道中は後方からの競馬にさせたがってましたが馬が行きたがって抑えられずに、馬群の外目を徐々に上がって行ってました。

そして最終コーナー手前から仕掛けられて一杯に追われながら直線に入りました。

直線では上りが3番目に早い脚を使いましたが前がとまらずに4着が精一杯でした。

 

スマイルくん
スマイルくん
やはり気性難ということで最初は強引に鞍上が押さえて後方にさげていました。

しかし、残り800mからポジションを押し上げて、まくりながら直線に入りました。

この残り800mからの1ハロンのレースラップが早くなっているところで、さらに早い脚を使ってポジションを上げていました。

ということはメイケイエールはこの区間からかなり早い脚を継続して使っていました。

結果論ですが、もしスタートから前目のポジションを取っていて、もし息を入れることができていたら最後の直線ではもう少し前で上位争いしていた可能性もあると感じました。

ただ、なんせこの馬は気性がヤバいので前で競馬したら行きすぎちゃいますけど・・・

スマイルくん
スマイルくん
やはり気性が素直になってきたら能力はハンパなさそうなので、絶対に怖い馬になりそうです。

ただ、今回は休み明けで試しのレースとして使う気がするので今回は相手までが妥当だと思います。

それにフォトパドックは少しお腹がフックラしてました!

ということで能力は恐ろし実力馬ですが、今回は本命には推せません。

 

広告

シルクロードステークス2022年の有力馬分析!ビアンフェ

最後に、ビアンフェを分析します。

5歳騙馬(せんば)です。

わんこ
わんこ
ちなみに騙馬というのはタマタマを取っちゃった馬です

父がキズナ(ディープ系)
母父がサクラバクシンオー(テスコボーイ系)

今回斤量が57.5キロですが、今までで一番重い斤量を背負うことになります。

ちなみに前走スプリンターSは57キロを背負って7着してます。

鞍上は藤岡佑介Jですが、全レースで騎乗していて乗り慣れています。

生産者はノースヒルズですが、コントレイルやキズナで有名です。

スマイルくん
スマイルくん
ちなみに昨年の生産者ランキングは4位でした

 

●戦歴は「4-2-1-5」

●中京芝は「0-0-0-2」

●芝1200mは「4-1-1-3」
全4勝がスプリント戦という完全なスプリンターです

●重賞成績は「2-1-1-5」で

函館2歳S
函館SS

を勝利しています。

 

3歳の5月にOPの葵Sを勝利し、続くセントウルSで古馬相手に5着しました。

続くスプリンターSは16着と大敗しました

そして、昨年3月のオーシャンSでは、コントラチェック、カレンモエに続く3着と好走しました。

そして6月の函館SSではカレンモエにクビ差で勝利しました。

そして昨年のスプリンターズSでは7着と好走して実力が安定しつつあることを証明していました。

ここでそのスプリンターズSを振り返ってみます。

スタートは8番ゲートから普通に出て、一杯に追われながら前を取りに行きました。

レースは良馬場のなか平均Pで展開され道中は16頭立ての2番手を追走していました。

道中はモズスーパーフレアがいたので2番手を折り合いバッチリで追走していました。

そして最終コーナー手前で気合を付けられ、追われながらコーナーを回って来ました。

直線では逃げていたモズを捕まえられずに、後方からきた馬に抜かれての7着でした。

 

このレースは逃げませんでしたが、2番手からの競馬も問題ない走りでした。

ただ、最後は逃げていたモズを捕まえられなかったのは実力がハッキリしてしまったような気がします。

スマイルくん
スマイルくん
この馬は逃げてペースがハマったら最後まで粘って勝イメージです。

あと気になるのが57.5キロの斤量です。

馬体が560キロ台ある超大型巨人の馬なので問題ないかな? と思えますが休み明けなのも気になります。

これは最終追い切りで判断したいですが、本命候補にはあげずに、追い切りしだいでは相手候補からも外したいと思います。

 

広告

シルクロードステークス2022年の有力馬分析!カレンモエとメイケイエールとビアンフェ【まとめ】

今回は3頭を分析しましたが、今回本命候補にあげたのは

カレンモエの一頭だけでした。

メイケイエールは能力はモンスター級だと思いますが、気性難もモンスター級なので今回は相手候補までとしておきます。

そして、ビアンフェは追い切りしだいでは消しもありかなと考えました。

 

シルクロードステークス2022年のジャンダルムを分析!末脚は鬼の切れ味今回の記事はシルクロードステース2022年に出走予定のジャンダルムを分析していきます。 そして本命候補としてピックアップできるかを...
シルクロードステークス2022年のナランフレグを分析!安定の差脚は魅力的今回の記事はシルクロードステース2022年に出走予定のナランフレグ を分析していきます。 そして本命候補としてピックアップできるか...
シルクロードステークス2022年のエーポスを分析!隠れた実力馬の可能性が!今回の記事はシルクロードステース2022年に出走予定のエーポスを分析していきます。 そして本命候補としてピックアップできるかを考え...

 

広告

気になる記事はこちら