色々

【秋華賞2022年】ナミュール・ウォーターナビレラ・ライラックを分析!

今回の記事は秋華賞2022年に出走予定のナミュール・ウォーターナビレラ・ライラックを分析していきます。

そして本命候補としてピックアップできるかを考えていきます。

尚、この記事はパート①の続きでパ―ト②という形で紹介しています。

そして結論としては後日発表予定の「本命予想」で本命馬と馬券の買い目を発表します。

良かったら予想の参考にしてください。

 

 

広告

【秋華賞22022年】ナミュールを分析!

 

まず、ナミュールを分析します。

3歳牝馬で父がハービンジャー(デインヒル系)
母父がダイワメジャー(サンデーサイレンス系)

 

前走の馬体重は426キロで新馬戦からレースを使うにつれて、減って行っていました。

なのでリフレッシュした今回は体調万全で来そうで怖いです。
鞍上は横山武史騎手ですが、3選連続騎乗中で乗り慣れてます。

生産者はノーザンファーム

●戦歴は「3-0-1-2」

●阪神芝は「1-0-0-2」

チューリップ賞 1着

●芝2000mは初

●重賞成績は「1-0-1-2」

チュリップ賞 1着

 

新馬戦と1勝クラスを連勝し阪神JFに挑戦しましたが、出遅れて4着が精一杯でした。

そして年が明け今年のチューリップ賞で勝利し、桜花賞に挑戦しましたが10着と大敗しました。

続く前走のオークスは3着と好走しました。

ここでそのオークスを振り返ってみます。

スタートは8番ゲートから普通に出て、中段からの競馬になりました。

レースは良馬場のなかスローPで展開され、道中は18頭立ての8番手ぐらいを追走していました。

道中は中段を良い手応えで折り合いも合格点で追走していました。

そして馬なりで最終コーナーをインをついて回ってきました。
直線に入ると、良く伸びていいき上りが2番目に早い脚を使い3着に入りました。

 

このレースはスローの直線での末脚勝負になりました。

そしてやはりナミュールの末脚は魅力的で切れる脚を使える武器があります。

そして最後は少しヨレヨレしていたので、やはり距離は長い感じがしました。

スマイルくん
スマイルくん
今回は2000m戦ということで前走よりは適正はあると思います。

 

あとは十分休養して、馬体はフックラしていて春より体調は良いと思います。

それを裏付けるのが、2・1週前の追い切りです。

しまい重点ですがメチャクチャ元気な走りで、いかにも切れる脚っていった感じでした。

あとは阪神内回りが問題ですが、展開がハマったらこの末脚は怖いと思います。

よって、能力はG1級の馬だと思うので本命候補にあげさせていただきます。

 

 

【秋華賞22022年】ウォーターナビレラを分析!

 

次は、ウォーターナビレラを分析します。

3歳牝馬で父がシルバーステート(ディープインパクト系)
母父がキングヘイロー(リファール系)

 

前走の馬体重は468キロでしたが、オークスの時と変わらずでした。

今回のフォトパドックもオークスの時と同じような感でした。
鞍上は武騎手ですが、主戦騎手なので乗り慣れています。

生産者は伏木田牧場さんですが、重賞勝馬はウォーターナビレラ以外に36年前に1頭出したことがあります。

スマイルくん
スマイルくん
36年前はサクラユタカオーの時代ですので私はガキんちょだったのでわかりません!

●戦歴は「3-1-1-3」

●阪神芝は「1-1-1-1」

ファンタジーS(1400m)

●芝2000mは初

●重賞成績は「1-1-1-3」

ファンタジーS 1着

 

新馬戦と1勝クラスを連勝し、ファンタジーSに挑戦し見事勝利しました。

この時の2着はナムラクレアだったので、スピードは一級品といった感じです。

そして阪神JFに挑戦し3着という惜しい結果でした。

そして年が明け、今年のチューリップ賞が5着、続く桜花賞が2着でした。

この桜花賞は勝ったスターズオンアースにハナ差だったので運がなかったとも言えますね

そしてオークスは13着と大敗しましたが、これは距離の問題でしょう。

そして前走は札幌のクイーンSを使い10着と大敗しました。
ここでそのクイーンSを振り返ってみます。

スタートは10番ゲートから良いスターと切り、前目の位置を取りました。

レースは良馬場のなかスローPで展開され、道中は14頭立ての4番手ぐらいを追走していました。

走中は前目の位置を折り合いは合格点で良い手応えで走っていました。

そして、最終コーナー手前で少しだけ気合いをつけれはじめ、最終コーナーは馬なりで回ってきました。

そして直線で一杯に追われると、これは勝てる勢いがあると思いきや、残り100mで急激に失速して10着と大敗でした。

 

このレースは折り合いもついていたし、凄く良い手応えで走っていました。

なのに最後の100mで失速です。

スマイルくん
スマイルくん
やはりこの失速を見ると、距離が長いんではないかと感じました。

 

あとは走り方をみると、物凄く一生懸命に走っている感じなので、猪突猛進という印象です。

なのでマイルより短い距離があってるのかな? と思いました。

よって、秋華賞は2000m戦で最後に坂もあるので厳しいと思います。

よって、今回は思い切って消しでいきます。

スマイルくん
スマイルくん
ウォーターナビレラファンの人すいません!

 

広告

【秋華賞22022年】ライラックを分析!

 

最後にライラックを分析します。

3歳牝馬で父がオルフェーヴル(サンデーサイレンス系)
母父がキングカメハメハ(キングマンボ系)

 

前走の馬体重は434キロとナミュールと同じで小型馬です。
ただオークスの時より8キロ増えていたので、順調に成長しているという感じに見えます。

鞍上はデムーロ騎手ですが、新馬戦から3戦騎乗経験があり、今回が4回目の騎乗です。

生産者はキネウス牧場さんですが、テイエムオペラオーで有名な生産者さんです。

●戦歴は「2-0-1-3」

●阪神芝は「0-0-0-2」

●芝2000mは「0-0-1-1」

紫苑S 3着

●重賞成績は「1-0-1-3」

フェアリーS(中山マイル)1着

 

新馬戦を勝利したあと、京都2歳Sを使い8着と負けました。

続いて今年に入り、フェアリーSを使いスターズオンアースを破っての勝利をあげました

このレースは最後方からのマクリ競馬で勝ったので長く良い脚を使っていました。

そして桜花賞に挑戦しましたが、16着と大敗しました。

続くオークスも11着と大敗し休養に入りました。

そして前走は休み明けで紫苑Sを使い3着と好走しました。

この時、馬体が+8キロだったの馬体が回復してきた感じだと思います。

ここで前走の紫苑S3着を振り返ってみます。

スタートは8番ゲートから普通に出て、中段からの競馬になりました。

レースは良馬場のなかスローPで展開され、道中は12頭立ての8番手ぐらいを追走していました。

道中は折り合いバッチリ、手応えバッチリで中段を追走していました。

そしてペースが遅いので残り800mで他の馬がポジションを上げ始めました。

しかしライラックはそのままジッとしていて、一呼おいていて後方のポジションにさがっていくというレースでした。

そして最終コーナーを追われながら外目を回って直線に入りました。

直線では、上りが2番目に早い脚を使いましたが、前に届かずの3着という結果でした。

 

ライラックは3着と負けましたが、勝ったスタニングローズからクビ差クビ差の3着なので悲観しなくて良いと思います。

結果論ですが、残り800mでポジションが後ろになり過ぎたのが響いたのかもしれません。

そして最終コーナーの回り方も上手とは言えない走りでした。
この末脚を見ると、やはり直線が長い方が向いている気がします。

スマイルくん
スマイルくん
そして阪神内回りで後方から競馬をしそうな感じもするので、頑張って3着かな? と思いました。

 

よって、本命候補にはあげられませんでした。

 

【秋華賞2022年】ナミュール・ウォーターナビレラ・ライラックを分析!【まとめ】

今回の分析をまとめると

本命候補にあげたのは

ナミュールの1頭のみでした。

ナミュールは馬体が回復すれば能力は発揮できるはずです。

ゲートやら問題はありそうですが、オークスからの成長ぶりが楽しみです。

追い切りの動きをみるとだいぶ成長してる感じでしたよ

ウォーターナビレラはスピード馬という印象なので短い距離で狙ってみたいと思います。

ライラックは末脚魅力ですが、阪神内回りなので割り引きたいと思います。

ただ馬券には入れたいですね。

チャンピオンズカップ2022年の競馬予想の目次この記事は今週のJRA重賞レースの「チャンピオンズカップ2022年」に出走予定の馬達の記事をまとめた記事です。 目次から各項目に飛...

 

広告

気になる記事はこちら