色々

【天皇賞秋2022年】イクイノックス・ジャックドール・シャフリヤールを分析!

今回の記事は天皇賞秋2022年に出走予定のイクイノックス・ジャックドール・シャフリヤールを分析していきます。

そして本命候補としてピックアップできるかを考えていきます。

そして結論としては後日発表予定の「本命予想」で本命馬と馬券の買い目を発表します。

良かったら予想の参考にしてください。

 

 

広告

【天皇賞秋22022年】イクイノックスを分析!

 

まず、イクイノックスを分析します。

3歳牡馬で父がキタサンブラック(サンデーサイレンス系)
母父がキングヘイロー(リファール系)

今回斤量は56キロですが、皐月とダービーを57キロで2着なので問題なしです。

鞍上はルメール騎手ですが主戦騎手なので乗り慣れてます。

生産者はノーザンファームです。

●戦歴は「2-2-0-0-」

●東京芝は「1-1-0-0」

東スポ杯 1着
ダービー 2着

●芝2000mは「0-1-0-0」

皐月賞 2着

●重賞成績は「1-2-0-0」

東スポ杯 1着
ダービー 2着
皐月賞 2着

 

新馬戦は2着に6馬身をつける圧勝でした。

しかも3着はサークルオブライフなのでかなり評価できます。

つづいて東スポ杯を使い勝利して、長期休養に入っていました。

そして、約4か月振りで皐月賞に挑戦し、2着と好走しました。

東スポ杯からの直行2着は能力がないと絶対できない芸当だと思うので、強いとしかいいようがないです。

そして前走のダービーはドウデュースに届かずの2着という結果でした。

ここでそのダービーを振り返ってみます。

スタートは大外18番から普通に出て、後方からの競馬になりました。
レースは良馬場のなか平均Pで展開され、道中は18頭立ての16番手ぐらいを追走していました。

道中は少し、行き脚が悪い感じにうけましたが、合格点はあげられる程度で後方を追走していました。

そして最終コーナ~も後方のまま馬なりで回ってきて直線勝負になりました。

直線では、上り最速の33.6秒の脚を使いましたが、少し前にいたドウデュースも上り33.7秒の脚を使っていたので届かずの2着という結果でした。

 

このレースでイクイノックスは残り800mからポジションを上げ始めていました。

レースのペースも残り800mから動いていたの、イクイノックスは既に早い脚を残り800mから使っていたことになります。

そして、残り800mからはドウデュースよりも早い脚を継続して使っていました。

そしてゴール前の脚を見ると、ドウデュースは少しバテ気味で、イクイノックスは最後までしっかりと伸びていました。

これを考えると、末脚もスピードを持続できる能力もイクイノックスは超一流の馬のレベルだと思います。

 

今回2000mのスピード勝負ですが、この最後の800mの脚を見る限り問題なしだと思いました。

そして東京1800mの東スポ杯も圧勝してるので大丈夫だと思います。

 

スマイルくん
スマイルくん
あと、フォトパドックを見ましたが、春より馬体がしっかりしていて成長を感じられました。

春は思いっきり調教できない体質だったと思うので、馬体がしっかりしてきたらモンスターに化ける馬だと思います。

よって、人気でも本命候補にあげないとダメな馬だと思います。

 

 

【天皇賞秋22022年】ジャックドールを分析!

 

次に、ジャックドールを分析します。

3歳牡馬で父がモーリス(グラスワンダー系)
母父がアンブライドルズソング(ファピアノ系)

 

今回の斤量は58キロですが、57キロで札幌記念を勝利しているし、馬体が500キロ以上あるので大丈夫だと思います。

鞍上は藤岡佑介騎手ですが、主戦騎手なので乗り慣れています。

生産者はクラウン日高牧場さんですが、重賞勝ち馬はジャックドールしか出したことがないです。

●戦歴は「7-2-0-2」

●東京芝は「2-0-0-1」

3勝クラス 1着
白富士S(L) 1着

●芝2000mは「7-2-0-2」

全レース2000m戦

●重賞成績は「2-0-0-1」

金鯱賞 1着
札幌記念 1着

 

昨年5月のプリンシパルS5着の後に自己条件を使いました。

そこからは1勝2勝3勝クラスを連勝し、続く白富士Sを勝利し4連勝しました。

そしてG2の金鯱賞を使い勝利し5連勝しました。

続いて大阪杯に挑戦しましたが、ポタジェの5着と破れました

この5着はおそらく厳しいローテーションで疲れがたまっていたのかもしれません。

そこからは休養に入り、今年8月の札幌記念を使い、パンサラッサと叩き合いの末、クビ差の勝利をあげました。

ここでその札幌記念を振り返ってみます。

スタートは4番ゲートから普通に出て、前目の位置を取りました。

レースは良馬場のなかハイPで展開され、道中は16頭立ての3・4番手ぐらいを追走していました。

道中は折り合いバッチリ手応えバッチリでマイペースで追走できていました。

そして、かなり良い手応えで馬なりのまま最終コーナーを回ってきました。

直線では、パンサラッサと叩き合いになり、最後はクビ差抜かしての勝利をあげました。

このレースは札幌の洋芝で時計が少しかかる馬場での勝利でした。

そして4走前の東京2000mの白富士Sでの勝ち時計は

「1:57.4」という早い時計を出していました。

ちなみにこの時計は過去10年の天皇賞と比べても、4番目に早い時計です。

よって、早い時計勝負にも対応できるスピードはありそうです。

スマイルくん
スマイルくん
洋芝でも高速馬場でもこなしてしまう能力は魅力的です。

 

ただ、今回はパンサラッサがいるので、ペースは遅くはならないはずです。

そして鬼の末脚を持つ馬が数頭いるので、今回は目標にされて最後は何かに抜かれる可能性がありそうな気もします。

前にはパンサラッサ、後ろには鬼の末脚の馬達がいるので、かなり競馬はやりにくいと思いました。

よって、今回は差し馬有利とみて、本命候補にはあげられませんでした。

 

広告

【天皇賞秋22022年】シャフリヤールを分析!

 

最後にシャフリヤールを分析します。

3歳牡馬で父がディープインパクト(サンデーサイレンス系)
母父がエッセンシャル オブ ドバイ(エーピーインディ系)

 

全兄にアルアインがいます。

今回の斤量は58キロですが、ダービーを57キロで勝利しているので大丈夫だと思います。

しかし、前走の海外競馬では58キロで負けているし、馬体が大きくないので少し心配も残ります。

鞍上はCデムーロ騎手ですが、ドバイシーマで騎乗して勝利しているし、今回3回目の騎乗なので特徴は掴んでいるはずです。

生産者はノーザンファームです。

●戦歴は「4-0-2-2」

●東京芝は「1-0-2-0」

ダービー 1着

●芝2000mは初

●重賞成績は「3-0-2-2」

毎日杯 1着
ダービー 1着
ドバイシーマ 1着

<G1>
ダービー 1着
JC 3着
ドバイシーマ 1着
プリンスオブウェールズ 4着

 

新馬戦1着したあと、共同通信杯ではエフフォーリアの3着、そして毎日杯を勝利し、ダービーに挑戦しエフフォーリアに鼻差の勝利をあげました。

そして休養に入り、神戸新聞杯で復帰しましたが、不良馬場の影響なのか4着と破れました。

続いて3歳でJCに挑戦しコントレイルの3着と好走しました。

そのあとは今年に入ってドバイシーマCに挑戦し、見事に勝利しました。

このドバイシーマでは、JCで先着を許したオーソリティに先着していてリベンジを果たしています。

そして、前走はイギリス競馬のG1プリンスオブウェールズに挑戦しましたが5頭立ての4着と負けました。

このレースの4着は、シャフリヤールの走り方から見て、馬場が合う合わないがあったように感じます。

ここで参考レースとして、昨年のJC3着を振り返ってみます。

スタートは4番ゲートから普通に出て、前目の位置を取りました。

レースは良馬場のなかスローPで展開され、道中は18頭立ての5・6番手ぐらいを追走していました。

道中は折り合いもついていてい、マイペースで追走していました。

そして馬なりのまま良い手応えで最終コーナーを回って直線に入りました。

直線では、良く伸びていましたが、前のオーソリティに届かずで、後ろのコントレイルに抜かれての3着でした。

 

このレースは、馬場が少し荒れてきている状態でした。

スマイルくん
スマイルくん
シャフリヤールはダービーでエフフォーリアを上り33.4秒の脚で差し切ったのを見ると、やはりパンパンの高速馬場が合うのだと思います。

 

これは、力のいる英国馬場で4着と負けたことからも推測ができます。

そして、このJCでは、最後の200mぐらいで少し進路が狭くなってスムーズさを欠いていました。

もし、スムーズだったら、コントレイルには完全に負けているとは思いますが、オーソリティにはもっと接戦になっていたかもしれません。

なので3歳でこの競馬ができるのは能力が高い証拠です。

今回の天皇賞は早い時計が出る馬場になりそうなので、シャフリヤールの能力を発揮する舞台にはもってこいだと思います。

気になる初めての2000m戦ですが、東京1800mの共同通信杯のレースぶりを見る限り大丈夫だとみています。

よって、末脚勝負という視点で考えると、本命候補にあげさせていただきます。

 

 

 

【天皇賞秋2022年】イクイノックス・ジャックドール・シャフリヤールを分析!【まとめ】

今回の分析をまとめると

本命候補にあげたのは

イクイノックス
シャフリヤール

の2頭でした。

イクイノックスは成長したらモンスター級になりそうなので、楽しみです。

シャフリヤールは人気が落ちていそうなので、高速馬場で狙いたくなる一頭です。

チャンピオンズカップ2022年の競馬予想の目次この記事は今週のJRA重賞レースの「チャンピオンズカップ2022年」に出走予定の馬達の記事をまとめた記事です。 目次から各項目に飛...

 

広告

気になる記事はこちら