色々

【競馬予想無料公開】スプリングステークス2022年のソリタリオを分析!

今回の記事はスプリングステークス2022年に出走予定のソリタリオを分析していきます。

そして本命候補としてピックアップできるかを考えていきます。

良かったら予想の参考にしてください。

 

 

広告

【競馬予想無料公開】スプリングステークス2022年のソリタリオを分析

 

それでは、ソリタリオを分析します。

3歳牡馬で父がモーリス(グラスワンダー系)
母父がキングカメハメハ(キングマンボ系)

 

前走の馬体重が482キロでしたが、新馬戦から合計で+16キロ増えていて少しづつ成長してきている感じです。

鞍上は横山武史騎手ですが、今回が初めての騎乗です。生産者はノーザンファームです。

戦歴は「2-3-0-0」

中山芝は今回が初めてです。

芝1800mも今回初めてですが、今まで全てマイル戦を使っています。

重賞成績は「0-1-0-0」で、前走シンザン記念でクビ差の2着があります。

 

新馬戦を2着したあとに、未勝利戦でも2着と負けました。この2千は相手も強くなかったので体がまだデキていない感じでした。

続く未勝利戦をキッチリと勝利し、続く1勝クラスも勝利し2連勝しました。そして前走のシンザン記念ではマテンロウオリオンの2着と好走しました。

スマイルくん
スマイルくん
この頃から体がしっかりとしてきて最後の伸びに繋がっているかんじがします。

 

ここでそのシンザン記念を振り返ってみて能力がどれぐらいかを分析したいと思います。

スタートは3番ゲートから普通に出て、促されながら前目の位置を取りに行きました。

レースは良馬場のなか平均Pで展開され、道中は15頭立ての7番手ぐらいを追走していました。

道中は良い手応えで中段外目を折り合いは問題なしに追走していました。

そして最終コーナー手前で追われながら回ってきて直線に入りました。

直線では上りが2番目に早い脚を使い、勝ったマテンロウオリオンにクビ差の2着という結果でした。

 

このレースでのソリタリオの印象は前目の位置で折り合いがつく競馬ができていたので、中山コースは味方になりそうです。しかし、最後の伸び方を見ると中山の最後の急坂で重賞級の伸び方ができるかが疑問です。

スマイルくん
スマイルくん
シンザン記念は相手が少し弱かったきもしています。

 

4着のビーアストニッシドは道中は凄く掛かっていたし、3着5着の馬達は次のレースで1勝クラスを走りましたが、両馬とも3着に負けています。

これらを考えると、今成長中のソリタリオですがスプリングSのメンバーを見ると勝ちきるイメージはありません。

よって、馬券の相手候補までとしておきます。

 

 

広告

【競馬予想無料公開】スプリングステークス2022年のソリタリオを分析!【まとめ】

シンザン記念はどうも相手が弱かったように感じました。

ソリタリオはどんどん成長している感じで強くなっていますが、今回は強いメンバーということで本命候補にはあげませんでした。

 

広告

気になる記事はこちら