色々

【競馬予想無料公開】中山記念2022年のカラテを分析!

今回の記事は中山記念2022年に出走予定のカラテを分析していきます。

そして本命候補としてピックアップできるかを考えていきます。

良かったら予想の参考にしてください。

 

 

広告

【競馬予想無料公開】中山記念2022年のカラテを分析

 

それでは、カラテを分析します。

6歳牡馬で父がトゥザグローリー(キンカメ系)
母父がフレンチデピュティ(ヴァイスリージェント系)

 

今回斤量が56キロですが、2走前が58キロで1着、前走が57キロで3着だったので今回の56キロは魅力的だと思います。

鞍上は菅原明良騎手ですが、主戦ジョッキーなので乗り慣れています。

スマイルくん
スマイルくん
ちなみに菅原騎手の初重賞勝ちをプレゼントしてのがカラテなので菅原騎手にとっては思い入れがある馬ですね。

 

生産者はナカチさんですが、カラテ以外には2頭の重賞勝ち馬を出しています。ちなみに昨年の生産者ランキングは35位でした。

 

戦歴は「6-1-1-20」

中山芝は「3-0-0-4」で

2勝クラス
3勝クラス
リステッド競争

を勝利しています。

芝1800mは「0-0-0-5」で

デビューしてから1800mや2000mを使っていましたが、負けていたという感じです。

今は11戦連続でマイル戦を使っていて力をつけているので、もしかしたら1800mでも通用するかもしれません。

重賞成績は「1-1-1-3」で

昨年の東京新聞杯を勝利しています。

 

昨年からの成績を見てみると、昨年1月に3勝クラスを勝利し、続く東京新聞杯でいきなり重賞制覇しました。続く安田記念は13着と敗れましたが、私の見立てでは仕上がり不足だったと感じました。

そして8月に関屋記念で2着し、9月の京王杯AHでは5着に敗れました。

この京王杯AHでは中山の早い馬場での競馬でしたが、道中追走に苦労しての最後届かずの5着というレースだったので中山コースは合わない印象が湧いてきます。

 

そして今年の1月にリステッド競争のニューイヤーS(中山マイル戦)を使いましたが、最後は届かないと思われた位置から差し切っての勝利でした。

スマイルくん
スマイルくん
この時の馬場は稍重でもあり少し時計がかかった状態だったので届いた感じもしました。

 

そして前走の東京新聞杯は勝ったイルーシヴパンサーからコンマ4秒さの3着と好走しました。

ここでその東京新聞杯を振り返ってみます。

スタートは9番手―トから普通に出でましたが、隣の馬とぶつかってスムーズさを欠いて後方からの競馬になりました。

レースは良馬場のなか平均Pで展開され道中は15頭立ての10番手を追走していました。

道中は折り合いバッチリで中団やや後方を追走してました。

そして馬なりのまま最終コーナーを回り直線に入りました。

直線では少し進路を探す場面がありましたが、残り400mで追われ始めてから外に出して追い込みました。

しかし、最後は良く伸びて上りが2番目に早い脚を使いましたが3着まででした。

 

このレースは最後は完全に瞬発力勝負になってましたが、カラテは最後の直線で進路を探す場面がありました。それが無かったらもう少し上り時計も早くなったかもしれません。

しかし、勝った馬は上がり33秒1という鬼脚を使っていたましたが、カラテにはおそらくこんな早い上りは使えないと思います。

やはり高速馬場の上り勝負ではカラテは勝ちきるイメージは出てきません。今回は中山の開幕週で前が止まらない競馬になり、切れる脚が使えて前にいる馬が断然有利です。

よって、カラテには少し厳しいようにも感じました。ただ、成長した今なら距離が1800mに伸びるので、前で競馬してみたら面白そうです。

すでに今年3戦目ですが、フォトパドックを見たら筋肉の張りも毛ヅヤも良かったです。

結論としては、

高速中山馬場の1800mということで本命には推せませんが、調子の良い今なら馬券圏内は抑えておかないとダメな馬だと思います。

 

広告

中山記念2022年のカラテ分析【まとめ】

カラテは高速中山馬場の1800mが着いて行けるかが少し心配でした。

よって本候補としてはピックアップしませんでした。

しかし、馬券の相手候補には必要な馬だと思います。

 

★おまけ★
他の気になる出走馬がいましたら下にまとめてあるのでポチッとして見てみて下さい。

ダノンザキッド
アドマイヤハダル

広告

気になる記事はこちら