色々

【競馬予想無料公開】中山記念2022年のマルターズディオサを分析!

今回の記事は中山記念2022年に出走予定のマルターズディオサを分析していきます。

そして本命候補としてピックアップできるかを考えていきます。

良かったら予想の参考にしてください。

 

 

広告

【競馬予想無料公開】中山記念2022年のマルターズディオサを分析

 

それでは、マルターズディオサを分析します。

5歳牡馬で父がキズナ
母父がグランドスラム(ゴーンウエスト系)

 

スマイルくん
スマイルくん
ちなみに兄弟はダート馬が多いです。

 

今回斤量が54キロですが、直近2走は56キロだったので今回の54キロは魅力を感じます。鞍上は戸崎騎手ですが、いつもは田辺騎手が乗っていてるので初騎乗です。

生産者は天羽さんですが、マルターズディオサの他に重賞勝ち馬はジャスティンの一頭がいます。

 

戦歴は「4-3-1-8」

中山芝は「2-0-0-2」で

チューリップ賞(1600m)
紫苑S(2000m)

を勝利しています。

芝1800mは「0-0-1-0」で
府中牝馬Sで3着しています。

重賞成績は「2-2-1-8」で
先ほど紹介した中山コースの

チューリップ賞(1600m)
紫苑S(2000m)

を勝利しています。

 

スマイルくん
スマイルくん
2歳時は阪神JFでレシステンシアの2着しているし、素質は十分な馬でした。

 

昨年は高松宮記念が8着、ヴィクトリアマイル9着し休養に入りました。そして昨年9月の京成杯AHを使い8着という結果でした。

続く府中牝馬Sは3着と好走し、まだ能力低下がないことを証明していました。そして2走前のターコイズSは8着とまけ、前走の東京新聞杯では15着と大敗しました。

ここで参考レースとして、2走前の中山1600mで行われたターコイズSを振り返ってみます。

スタートは14番ゲートから普通に出て後方からの競馬になりました。

レースは稍重のなかハイペースで展開され、道中は16頭立ての9番手ぐらいを追走していました。

道中は少しだけ行きたがる所を見せる時がありましたが許容範囲内だと思います。

残り600mぐらいから少しづつポジションを上げ始め、追われながら最終コーナーを外目で回ってきました。

そして直線ではジリジリ伸びましたが、前を捕まえられずに後ろから来た馬にも抜かれての8着でした。

 

このレースは後方待機策から最終コーナーから仕掛けて展開は有利だったはずです。しかし、最後は前にいた馬にも後ろにいた馬にも負けていました。

府中牝馬Sの時も最後は後ろのシャドウディーヴァに抜かれていたし、マルターズディオサは最後の決め手がない馬だなとうのがわかります。

スマイルくん
スマイルくん
牝馬相手に勝ちきれない所を見ると、今回のメンバーを見ると少し厳しい感じがします。

 

よって、他にもっと人気がない馬を狙ってみたいと思いました。

 

広告

中山記念2022年のマルターズディオサ分析【まとめ】

マルターズディオサは最後の末脚に魅力を感じませんでした。

しかも牝馬限定戦でも勝ちきれません。

よって、今回は他におもしろそうな穴馬を狙ってみたいと思います。

★他の有力馬で気になる馬がいたらリンクをポチッとしてください

ダノン
カラテ
アドマイヤハダル

広告

気になる記事はこちら